アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

リリース ノート

2024 年 4 月

公開日: 2024 年 4 月 22 日

新機能

このアクティビティ パッケージは、Studio の [アクティビティ] パネルの [利用可能] セクションに常に表示されるようになりました。 アクティビティをインストールするには、キャンバスにドラッグ アンド ドロップするか (デスクトップ版の Studio の場合)、ワークフローに追加します (Studio Webの場合)。

パッケージを手動で更新する必要はありません。 UiPath Automation Cloud™ の一部として、アクティビティ パッケージは自動的に更新されます。

このアクティビティ パッケージは、v2023.10 以降の UiPath Studio で使用できます。

このリリースには、Studio で利用可能な最新機能をサポートするためのいくつかの更新も含まれています。

新しいアクティビティ

[ファイルをコメントに添付]、[検索 ファイルを行に添付]、[URL を行に添付]、[ファイルをシートに添付]、[すべてのワークスペースのリストを取得]、[すべての添付ファイルのリストを取得]、[行を削除]、[シートをメールで送信] など、多くの新しいアクティビティがパッケージに追加されました。 完全なリストについては、「 アクティビティ 」セクションをご覧ください。

非推奨化

[操作を呼び出し] および [レコードを更新] アクティビティは非推奨となりました。

v5.0.0

公開日: 2023 年 8 月 1 日

新機能と改良点

このアクティビティ パッケージで必要な Studio の最小バージョンは v2022.10 です。

アクティビティ パッケージのスコープがスコープレスになったため、接続を設定するために [ Smartsheet スコープ] アクティビティ内にアクティビティをドラッグ アンド ドロップする必要がなくなりました。 ワークフローにアクティビティを追加し、[コネクション] フィールドを使用して コネクション を設定するだけです。

複数のアクティビティが非推奨となり、このアクティビティ パッケージから削除されました。現在は、次のアクティビティが利用可能なままになります。
  • レコードを取得
  • レコードを挿入
  • レコードを削除
  • すべてのレコードのリストを取得
  • レコードを更新
  • メソッドを呼び出し
  • シートを取得
  • すべてのシートのリストを取得
  • 行を追加
  • 行を更新
  • 列をクイック追加
  • 列をクイック更新
  • URL をシートに添付 (Attach URL to Sheet)

v3.5.3

公開日: 2022 年 4 月 27 日

新機能と改良点

このバージョンは、コネクタ側の最新の変更をサポートしています。

V3.0.0

公開日: 2022 年 2 月 22 日

新機能と改良点

今回のアクティビティ パッケージは、新機能「Integration Service」と連携させて利用できます。 このパッケージのアクティビティを使用すると、Smartsheet オブジェクトに対して作成、取得、更新、削除、一覧の取得の操作を実行できます。 UiPath Integration Service について詳しくは、 こちらをご覧ください

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.