アクティビティ
最新
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月8日

リリース ノート

2023 年 11 月

新機能と改良点

このアクティビティ パッケージは、Studio の [アクティビティ] パネルの [ 利用可能 ] セクションに常に表示されるようになりました。 このパッケージ内のアクティビティは、キャンバスにドラッグ アンド ドロップするだけでインストールできます。 また、今後はクラウド バージョン管理モデルが使用されます。アクティビティの更新は自動的に行われ、パッケージ マネージャーを使用して手動で パッケージを更新する必要がありません。

このバージョン以降、このアクティビティ パッケージは Studio v2023.10 以降にのみ対応します。

このアクティビティ パッケージには、以下のイベント トリガー アクティビティが追加されました。
  • レコードの作成時
  • レコードの更新時
  • インシデント タスクの作成時
  • インシデント タスクの更新時
  • インシデントの作成時
  • インシデントの更新時

ユーザー エクスペリエンスに変更が加えられ、特定のプロパティ名が変更され、より明確で使いやすくなりました。 また、プロパティが重要度に基づいて並べ替えられるようになりました。

v5.2.0

公開日: 2023 年 6 月 9 日

新機能と改良点

このアクティビティ パッケージでは、ユーザー エクスペリエンスに関する複数の改良、ツールチップの改良、オートメーション ジャーニーをさらに簡単にするための複数のプロパティ フィールド名の調整が行われました。

v5.1.1

公開日: 2023 年 4 月 6 日

新機能と改良点

このパッケージに以下のアクティビティを追加しました。
  • インシデント タスクを作成

  • インシデント タスクを更新

  • すべてのインシデント タスクのリストを取得

  • インシデント タスクを取得

  • 添付ファイルを追加

  • 添付ファイルをダウンロード

  • 添付ファイルを取得

  • すべての添付ファイルのリストを取得

  • 添付ファイルを削除

[ List Incidents] アクティビティの 名称を [ List All Incidents]に変更しました。

V5.0.0

公開日: 2022 年 12 月 20 日

新機能と改良点

バージョン 5.0.0 以降、 Windows - レガシ プロジェクトはサポートされなくなりました。 代わりに、 Windows プロジェクトまたは クロスプラットフォーム プロジェクトでこのアクティビティ パッケージを使用できます。

このアクティビティ パッケージで必要な Studio の最小バージョンは v2022.10 です。

アクティビティ パッケージのスコープがなくなったため、コネクションを設定するために [ServiceNow アプリケーション スコープ] アクティビティ内にアクティビティをドラッグ アンド ドロップする必要がなくなりました。ワークフローにアクティビティを追加して、[ConnectionId] フィールドを使用してコネクションを設定するだけです。

以下の新しいアクティビティがパッケージ内で利用可能です。

  • 新しいインシデントを作成
  • インシデントのリストを表示
  • インシデントを更新
  • 重要:

    ServiceNow は動的な API です。つまり、カスタム テーブルやカスタム フィールドを追加したり、標準テーブルや標準フィールドを削除したり名前を変更したりできます。したがって、これらの API に対して行われるキュレーションは、ServiceNow の標準実装でのみ機能します。たとえば、インシデント テーブルの名前を変更し、フィールドの名前の変更や新しい必須フィールドの追加を行った場合は、一般的なアクティビティ ([レコードを取得][すべてのレコードのリストを取得][レコードを挿入][レコードを更新][レコードを削除]) を使用して ServiceNow のインスタンスを操作する必要があります。

    ユース ケースに対応するリソースの操作に必要な情報は、ServiceNow の管理者にお問い合わせください。

V4.0.1

公開日: 2022 年 6 月 27 日

新機能と改良点

設計時と実行時の両方に対して、使用するコネクションを [コネクションを構成] ウィザードで選択できるようになりました。 以前は、複数のコネクションを作成する場合でも、既定として設定されたコネクションしか使用できませんでした。 この新機能ではドロップダウン リストからコネクションを選択することで、設計時に Studio で使用するコネクションと、プロセスの実行時にロボット上で使用するコネクションを設定できます。

ServiceNow アクティビティ パッケージのフレームワークを .NET6 にアップグレードしました。

テレメトリに関する変更を実装しました。

V3.0.0

公開日: 2021 年 11 月 1 日

新機能と改良点

今回のアクティビティ パッケージは、新機能「Integration Service」と連携させて利用できます。 このパッケージのアクティビティを使用すると、ServiceNow オブジェクト (標準オブジェクトとカスタム オブジェクトを含む) に対して作成、取得、更新、削除の操作を実行できます。 UiPath Integration Service について詳しくは、こちらをご覧ください。

Integration Service をサポートしないバージョンの ServiceNow アクティビティ パッケージも、引き続きダウンロードできます。該当バージョンに関する詳しいドキュメントはこちらからご覧ください。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.