アクティビティ
最新
バナーの背景画像
Integration Service のアクティビティ
最終更新日 2024年4月9日

連絡先を作成

説明

Oracle Eloqua で新しい連絡先を作成します。

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • 接続 - Integration Service で確立された接続です。 ドロップダウンにアクセスして、コネクションを選択、追加、管理します。
  • メール アドレス ー 取引先担当者のメール アドレスです。
  • - 取引先担当者の名です。
  • - 取引先担当者の姓です。
  • 勤務先の電話番号 - 連絡先の会社の電話番号です。
  • Title - 連絡先のタイトルです。

プロパティの管理ウィザード

[プロパティを管理] ウィザードを使用して、オブジェクトの標準フィールドまたはカスタム フィールドを選択してアクティビティ キャンバスに追加することで、それらのフィールドを設定または使用できます。 追加した標準/カスタム フィールドは、[プロパティ] パネル (デスクトップ版の Studio) または [その他のオプション] (Studio Web) で利用できます。

Advanced (カスタム)

オプション

  • Address - 連絡先のアドレスです。
  • 市町村 - 取引先担当者の市区町村です。
  • 営業担当者 - 連絡先の営業担当者です。
出力
  • 連絡先 ID - 連絡先の ID です。
  • 連絡先 - 作成された連絡先です。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.