アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

ファイルをレコードに追加

説明

アップロードしたファイルを Salesforce のレコードに追加します。

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • コネクション ID - Integration Service で確立されたコネクションです。 ドロップダウン メニューからコネクションを選択、追加、または管理します。

  • ファイル ID - 添付するファイルの ID です。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
  • レコード ID - 取引先、取引先責任者、リード、商談、Chatter ユーザグループなどのリンク先オブジェクトの ID です。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
  • 共有の種類 - ライブラリ内の共有ファイルのユーザーに付与されるアクセス許可です。 たとえば、閲覧者権限の V 、共同作業者権限の C 、推定権限の I (つまり、ユーザーの権限は関連レコードによって決定されます)。
プロパティを管理

[プロパティを管理] ウィザードを使用して、オブジェクトの標準フィールドまたはカスタム フィールドを設定または使用します。フィールドを選択して、アクティビティ キャンバスに追加できます。 追加した標準フィールドまたはカスタム フィールドは、[ プロパティ] パネル (デスクトップ版の Studio) または [ その他のプロパティを表示] (Studio Web の場合) で使用できます。

追加のプロパティ
  • Visibility - このファイルをすべてのユーザー、内部ユーザー、または共有ユーザーが使用できるかどうかを指定します。 有効な値は、AllUsers、InternalUsers、または SharedUsers です。
出力
  • ファイル レコードのリンク - 自動的に生成される出力変数です。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.