アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

チャンネルにメッセージを送信

説明

Send a message to a public or private channel.age in Slack.

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • コネクション ID - Integration Service で確立されたコネクションです。 ドロップダウン メニューからコネクションを選択、追加、または管理します。

  • Channel names/IDs - The names or IDs of the channel. Select the channel from the available drop-down list or enter the channel name or ID, in comma-separated format. This field supports String type input.
  • Message - The formatted text of the message to be sent. This is also the main block section text. This field supports String type input. See Formatting text for app surfaces for formatting rules.
  • Send as - Whether to send the message as the app bot, i.e., using Bot token, or as yourself, i.e., user token. Select one of the two options from the available drop-down list.
  • Message fields - Enter field/values in the following format: field1:value;field2:value. These fields are displayed below the main section text in a two-column format. You can also enter variables such as ID, name, event trigger output etc. This field supports String type input.
  • ボタン アクション - コンマ区切り形式のボタン アクションのプロパティ。アクション ID (必須)、アクション名 (必須)、スタイル (プライマリ/危険)、確認タイトル、OK タイトルを確認、拒否タイトルを確認。 最大 5 つのボタン アクションを ; で区切って指定できます。 例: action1,Approve,primary;action2,Reject,danger;Confirm,Sure?,Yes,No。 すべてのアクションプロパティ(スタイルを除く)は、顧客/ユーザー定義です。 アクション名 ID はボタン間で一意である必要があります。 確認タイトル、テキスト、OK タイトル、拒否タイトルは一緒に使用する必要があります。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
  • Image URL - The URL of the secondary image attachment can be shared as part of the message. The image is always at the bottom of the entire message block. This field supports String type input.
プロパティを管理

[プロパティを管理] ウィザードを使用して、オブジェクトの標準フィールドまたはカスタム フィールドを設定または使用します。フィールドを選択して、アクティビティ キャンバスに追加できます。 追加した標準フィールドまたはカスタム フィールドは、[ プロパティ] パネル (デスクトップ版の Studio) または [ その他のプロパティを表示] (Studio Web の場合) で使用できます。

追加のプロパティ
  • Formatting options (parse) - Change how messages are treated. Select none for removing hyperlinks and full to ignore the Slack default formatting.
  • Link names - Specifies whether to link and mention all the user groups automatically if the respective names are mentioned in the text message. Boolean value.
  • Unfurl links - Specifies whether to display the preview of the links mentioned in the text message. Boolean value.
  • Bot name - Only supported with Bot Token connection. Customize the bot’s user name when sending messages. If no value is entered, the default bot name is UiPath.passed.
  • Bot icon - Only supported with Bot Token connection. Customize the bot’s icon with an emoji available in the workspace. For example, :chart_with_upwards_trend:. If you provide an emoji that is not available in the workspace, it is ignored.
出力
  • Message timestamp - The ID (timestamp) of the message sent. Automatically generated output variable.
  • Channel - The output send chat message. Automatically generated output variable.

ボタン、アクション、およびメッセージ フィールドに次の入力を指定できます。


The final Slack button message looks as follows:


[ 却下 ] ボタンをクリックすると、確認ダイアログ ボックスが表示されます。


上記のボタンのクリックに対する応答は、 Button Clicked イベントを使用して、別のワークフローで設定できます。 ボタンが 1 回だけクリックされるようにするには、ワークフローで [ボタンクリック時 ] とともに [ボタン応答を送信] を使用して、最初のクリック後のボタンのメッセージを置換または削除します。

詳細なユーザー ガイドについては、「 CRM システムで商談が成立した場合の Slack ボタンの使用」を参照してください。

  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.