アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

Webinars Registrants のリストを取得する方法

概要

このクイックスタート ガイドの目的は、GoToWebinar の一部のアクティビティ (すべての ウェビナーのリスト を取得、 すべてのウェビナー レジストリトのリストを取得、および [ 繰り返し (コレクションの各要素)] および [1 行を書き込み ] アクティビティなど) を使用した短いワークフローを作成できるようにするためです。 GoToWebinar インスタンスへの接続をすばやく確認したり、アクティビティの入力データ型や出力データ型に習熟したりできます。

このワークフローは Studio Web で構築されていますが、デスクトップ版の Studio でも同じ手順を実行できます。

このページの手順を完了すると、以下のアクションを実行するオートメーション シーケンスが使用できるようになります。

  1. GoToWebinar インスタンスへの接続を確立します。
  2. 指定した条件を満たすすべてのウェビナーをリストします。
  3. 選択したウェビナーのすべての登録者をリストにします。
  4. registrants のメールアドレスを出力に書き込みます。

前提条件

はじめる前に

  1. 「GoToWebinar の認証」で説明しているように、 Automation Cloud – Integration ServiceGoToWebinar 接続を確立します。
  2. Studio Web を開いて 、新しいプロジェクトを作成します。 これで、オートメーションの構築を開始できます。

ワークフロー

  1. ワークフローに [List All Webinars] アクティビティを追加します。
  2. Where 句を追加して、必要に応じてウェビナーをフィルター処理します。たとえば、6 月 12 日から 12 月 16 日の間にスケジュールされたウェビナーに興味があるとします。



  3. [ その他のオプションを表示 ] をクリックして、[出力 リスト] プロパティを表示します。
  4. [ リスト] の プラス docs image 記号 ボタンをクリックして [変数として保存] を選択し、 AllWebinars 変数を作成します。これによって、アクティビティの応答、つまり条件を満たすウェビナーのリストが保存されます。
  5. [すべての ウェビナーのリストを取得 ] アクティビティによって返されるすべてのウェビナーをループ処理するために、[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティを追加します。

    1. [ 項目のリスト]AllWebinars 変数を追加します。
    2. 項目で、反復子変数を表します。型: currentWebinars
  6. [繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティの [本体] に、[1 行を書き込み] アクティビティを追加します。

    1. [テキスト] に、変数を作成して入力します (例: currentWebinars.WebinarKey

      これにより、Where 句を満たすウェビナー のウェビナー キーのリストが出力に表示されます。



  7. 次に、[1 行を書き込み ] アクティビティから、[ List all webinarants ] アクティビティを追加して、選択したウェビナーのすべての Registrants を取得します。

    1. [ WebinarKey ] フィールドに、 currentWebinars.WebinarKey 変数を追加します。
    2. [Output Registrants] フィールドに、このアクティビティ ( registrants のリスト) の応答を格納する新しい変数 (例: AllRegistrants) を作成して入力します。


  8. 次に、別の [繰り返し (コレクションの各 要素)] アクティビティを使用して、 AllRegistrants 変数に格納されているすべてのレジストリに対してループします。
    1. [ 項目のリスト] で、 AllRegistrants 変数を選択します。
    2. 項目にcurrentWebinars_registrants」と入力します。
  9. [繰り返し ( コレクションの各 要素)] の本体に、[ 1 行を書き込み ] アクティビティを追加して、出力に Registrants のすべてのメール アドレスを表示します。

    1. [ テキスト ] フィールドに、たとえば、 currentWebinars_registrants.Emailなど、変数を作成して入力します。

      これにより、すべての登録者のメールのリストが出力に表示されます。



これで完了です。 これでオートメーションを実行できます。

  • 概要
  • 前提条件
  • ワークフロー

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.