アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

レコードを検索

説明

リード、商談などの標準またはカスタムの Salesforce オブジェクトの 1 つ以上のレコードを検索します。フィルター条件を使用して設定できます。

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • コネクション ID - Integration Service で確立されたコネクションです。 ドロップダウン メニューからコネクションを選択、追加、または管理します。

  • オブジェクトを選択 - このアクティビティで使用するオブジェクトを選択します。 このフィールドで選択したオブジェクトに応じて、そのオブジェクトに固有のプロパティ フィールドがアクティビティに設定されます。

  • 場所 - フィルター ビルダー を使用してフィルターを追加するか、SOQL WHERE 式を入力します。 例: LastModifiedDate >= '2014-10-12'。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
プロパティを管理

[プロパティを管理] ウィザードを使用して、オブジェクトの標準フィールドまたはカスタム フィールドを設定または使用します。フィールドを選択して、アクティビティ キャンバスに追加できます。 追加した標準フィールドまたはカスタム フィールドは、[ プロパティ] パネル (デスクトップ版の Studio) または [ その他のプロパティを表示] (Studio Web の場合) で使用できます。

追加のプロパティ
出力

出力プロパティは、選択したオブジェクトに基づいて自動的に生成されます。

クエリの使用

CEQL (「場所」フィルター) は、すべてのコネクタを検索する標準的な方法を提供します。 多くの API プロバイダーが API 内で何らかの形式の検索をサポートしていますが、各 API プロバイダーの検索方法は異なります。 プロバイダーの各リソースに対するクエリ方法を調査するのではなく、検索エクスペリエンスを正規化しました。 クエリは、API プロバイダーの検索構文に変換されます。 利用可能なクエリ コネクタのフィールド選択でクエリを作成するとします。 各コネクタでクエリのさまざまなコンポーネントを使用できますが、ほとんどの場合、共通部分を使用できます。

クエリ参照
クエリ コンポーネント構文説明

CEQL クエリ

"where" 式

1<field><operator><value> <AND/OR> 2<field><operator><value> 3... Department!='Procurement' AND Name='John'

検索対象と、結果セットで返されるオブジェクトを指定する式または式です。 以下の「 有効な CEQL 演算子」 セクションをご覧ください。

これは、左側左側(LHS)、演算子、右側(RHS)で構成されています。

有効な CEQL 演算子
演算子説明
ANDAND で区切った条件がすべて TRUE の場合は TRUE
OROR で区切られた条件のいずれかが TRUE の場合は TRUE
=等しい
!=次の値と等しくない
<次の値より小さい
>次の値より大きい
<=以下
>=以上
LIKEオペランドは、パターンと一致する場合はTRUE
INオペランドが式リストの 1 つに等しい場合は TRUE
IS NULLNULL 値が見つかった場合は TRUE
LIMITレコードの数を指定した数に制限します。
演算子
等号 (=)Name='Edge Communications'
AND 演算子Name=’Account Name’ AND Industry=’Electronics’
OR および Greater Than (>) 演算子LastModifiedDate>'2018-01-15T00:00:00.000Z' AND (Name='Account Name' OR Industry='Apparel')
LIKE 演算子Name LIKE 'Acc%'
次の値以上 (>=) 演算子AnnualRevenue >= 100000
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
  • クエリの使用

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.