アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

画像を記述

説明

完全な文を含む人間が読める言語で画像の説明を生成します。 サポートされている画像形式:JPEG、PNG、GIF、BMP。 画像サイズは 4 MB 未満である必要があります。

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • コネクション ID - Integration Service で確立されたコネクションです。 ドロップダウン メニューからコネクションを選択、追加、または管理します。

  • ファイル リソース - 変数を使用する場合にクリックします。 このフィールドでは IResource 型の入力がサポートされています。
  • 言語 - 出力で画像の説明を返す言語を選択します。 既定の言語は英語です。 サポートされている言語のリストについては、「 言語サポート 」ページを参照してください。
  • 最大候補数 - 取得する候補の説明の最大数です。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
プロパティを管理

[プロパティを管理] ウィザードを使用して、オブジェクトの標準フィールドまたはカスタム フィールドを設定または使用します。フィールドを選択して、アクティビティ キャンバスに追加できます。 追加した標準フィールドまたはカスタム フィールドは、[ プロパティ] パネル (デスクトップ版の Studio) または [ その他のプロパティを表示] (Studio Web の場合) で使用できます。

追加のプロパティ
  • 画像 URL - 画像のパブリック URL です。 これは、ファイル リソースの入力を使用しない場合にのみ使用します。どちらか一方が必要です。 このフィールドでは String 型の入力がサポートされています。
  • Model-version - この省略可能なパラメーターでは、AI モデルのバージョンを指定します。 既定値は latestです。
出力
  • 説明 - 画像の説明です。 自動的に生成された出力変数。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.