アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。 Integration Service で提供されるコネクタ パッケージは機械翻訳で処理されています。
Integration Service のアクティビティ
Last updated 2024年7月18日

ユーザーの自動オンボーディング

アプリケーション: Workday、Azure Active Directory

説明: Workday で新しいワーカーを作成すると、Azure Active Directory でオンボーディング プロセスが開始されます。 これにより、IT チームはユーザー アカウントのプロビジョニングを自動化できます。

  1. Studio Web を開き、新しいプロジェクトを作成します。[新しいプロジェクト] ウィンドウの [ オートメーションの開始方法 ] ドロップダウンで [ イベント ベース ] が選択されていることを確認します。
  2. [イベント トリガー] アクティビティを追加し、[ イベント ] フィールドで [ Employee Created] を選択します。 次に、アクティビティを以下のように設定します。
    1. Workday アカウントに接続します。
    2. 必要に応じて、オートメーションに追加のフィルターを追加できます。
  3. 次に、[Workday: レコードを取得] アクティビティをキャンバスに追加し、[オブジェクトを選択] を [従業員] に設定して、[オブジェクト ビューに切り替え] を設定します。
    1. [従業員 ID ] で 、イベント トリガー の出力 を選択します。

    docs image
  4. 次に、 プロジェクトに Azure Active Directory: [ユーザーを作成] アクティビティを追加します。
    1. Azure AD 接続を設定します。
    2. [ メールのニックネーム ] フィールドで、Workday の [ レコードを取得 ] アクティビティの出力を選択して、[ Response > Personal_Data > Name_Data > Legal_Name_Data > Name_Detail_Data > First_Name] を選択します。
    3. [ユーザー プリンシパル名] には、2 つ以上の値を連結する必要があるため、式エディターを開き、「3 つの文字列をマージ」と記述します。正しい式が自動的に作成されます。
      docs image
    4. 次に、 string1string2[レコードを取得 ] に置き換えて、それぞれ Response > Personal_Data > Name_Data > Legal_Name_Data > Name_Detail_Data > First_NameResponse > Personal_Data > Name_Data > Legal_Name_Data > Name_Detail_Data > Last_Name を出力します。
    5. 会社のドメインを string3 位置に追加します。
    6. [名前] プロパティ フィールドについては、手順 d. を再度実行し、2 つの文字列を連結します。
    7. string1string2[レコードを取得] に置き換えると、それぞれ Response > Personal_Data > Name_Data > Legal_Name_Data > Name_Detail_Data > First_NameResponse > Personal_Data > Name_Data > Legal_Name_Data > Name_Detail_Data > Last_Nameが出力されます。
    8. 初期パスワードを追加します。
    9. 必要に応じて、[ ジョブ情報 ] および [ID] プロパティ フィールドに必要に応じて入力することもできます。
  5. ワークフローを実行します。 新しい従業員は、Azure Active Directory に自動的にオンボードされます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.