通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

環境 (ロボット グループ)

はじめに

同一サーバー上で複数の環境を使用し、異なるリリースを同時に実行してアクセスすることができます。

環境 x でリリースが設定されるため、エンドポイントで環境を指定する必要があります (https://[hostname]/?environment=[x])。

たとえば、現在のリリースは通常使用されている運用環境から実行して、新しいリリースは受け入れテストのために別の環境 (acceptance など) でアクティブにすることができます。別の環境にアクセスするには、URL で environment=acceptance と指定します (https://[hostname]/?environment=acceptance)。URL で環境を選択しない場合は、サーバーの設定で構成した既定の環境が使用されます。1 つの環境で一度にアクティブにできるリリースは 1 つだけです。

📘

注:

エンドユーザーのアクセスは、環境自体ではなく、その環境でアクティブなモジュールに基づいて許可されます。

環境を作成する

New environments can be specified in the Server Settings by using the Environments field. If it is not set, it defaults to a single environment, production.

環境を作成するには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Settings tab.
2Add the following line to the Server Settings to the left:
, "Environments": ["production", "acceptance"].
3Click on SAVE.

これで、2 つの環境 production と acceptance が利用可能になりました。

既定の環境を設定する

URL で環境を指定しない場合にアクセスされる既定の環境は、サーバーの設定で DefaultEnvironment を使用して構成できます。設定しない場合は、既定で「production」が使用されます。
既定の環境を設定するには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Settings tab.
2Add the following line to the Server Settings to the left:
, "DefaultEnvironment": "acceptance".
3Click on SAVE.

URL で環境を指定しない場合は、acceptance 環境がアクセスされます。

環境でリリースをアクティブ化する

リリースは任意の環境でアクティブ化できます。以下のデモでは、2 つの環境 production と acceptance があることを想定しています。

acceptance 環境でリリースをアクティブ化するには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Releases tab.
2Right click on the release you want to activate.
3Select Make active on - Acceptance.
4Click on OK.

[Active on] 列にはリリースのアクティブ化の直前に「acceptance」と表示されます。このリリースは、キャッシュが生成されると、適切なアクセス権を持つユーザーによってアクセスできるようになります。

特定の環境のキャッシュを生成する

[Superadmin Released data] タブに示されるように、環境にはそれぞれ独自のデータ インスタンスがあります。ユーザーはどの環境のデータ インスタンスを表示するかを選択できます。上部の [Data instances for] ドロップダウン リストから対象の環境を選択します。

キャッシュは特定の環境用に生成する必要があります。以下のデモでは、2 つの環境 production と acceptance があることを想定しています。

acceptance 環境でキャッシュを生成するには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Released data tab.
2Select the acceptance in the Data instances for drop-down menu.
3Click on Generate Cache Now.
4Click on GENERATE CACHE.
204204

新たに生成されたデータ インスタンスに関する情報が、新しい列に表示されます。

3 日前に更新

環境 (ロボット グループ)


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。