Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

バックアップ

はじめに

システム障害が発生した場合に容易に復旧できるように、UiPath Process Mining の重要なファイルやフォルダーは定期的にバックアップすることをお勧めします。最も簡単なのは、UiPath Process Mining のインストール全体をバックアップする方法です。インストールのデータが多すぎる場合は、必要なファイルだけをバックアップすれば十分です。

データ

UiPath Process Mining ではデータのコピーが保持され、データの問題が発生した場合のロールバックに使用できます。

運用サーバー

通常、すべてのデータをデータ ソース システムでも利用できます。したがって、データのバックアップが不要な場合があります。

注: データを含むソース システムの定期的なバックアップも重要ですが、これについてはこのレッスンでは扱いません。

開発サーバー

開発者が使用している静的データ ファイルが容易に再現できないものである場合は、そのファイルをバックアップする必要があるかもしれません。

ワークスペースには、未完了の作業やコミットされていない作業を含めることができます。ただし、通常は最小限に留めておく必要があります。また、バックアップを作成する前に開発者に確認する必要があります。

バックアップ フォルダー

重要なファイルとフォルダーを以下の表に示します。

フォルダー/ファイル

説明

<PLATFORMDIR>\databases\

UiPath Process Mining ユーザーの認証データベースが含まれます。さらに、サーバー設定と Git リポジトリの最終的なキーもこのフォルダーに保存されます。

Authentication.db: ユーザー、アクセス権、お気に入りが含まれます。
Serversettings.json: すべてのサーバー設定が含まれます。

<PLATFORMDIR>\upstream.git\

UiPath Process Mining 内でローカルの Git リポジトリを使用する場合は、このフォルダーに保存されます。

Git サーバーにはすべてのアプリケーションが含まれており、それらもバックアップする必要があります。

設定で定義された各リポジトリには、 <NAME>.git フォルダーがあります。

<PLATFORMDIR>\processgold.lic

UiPath Process Mining のライセンス ファイルです。

元に戻す

バックアップを復元するには、新規インストールを実行し、バックアップからファイルをコピーします。その後、復元したファイルおよびフォルダーに対するフル コントロールがユーザー グループ IIS_IUSRS にも許可されていることを確認してください。
  • はじめに
  • データ
  • 運用サーバー
  • 開発サーバー
  • バックアップ フォルダー
  • 元に戻す

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.