Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator 21.10 の入力テーブル

はじめに

このセクションでは、 Purchase-to-Pay Discovery Acceleratorの各入力テーブルの属性の概要を説明します。 エンティティごとに属性が表示されます。 属性ごとに名前とデータ型が表示されます。 それとは別に、エンティティが Purchase-to-Pay プロセスに含まれている場合に、この属性が必須かどうかが示されます。

エンティティ

必須 Y/N

Purchase requisition

Purchase_requisitions_base

n

Purchase order

Purchase_orders_base

Procurement: Y

買掛金: N

Purchase order item

Purchase_order_items_base

Procurement: Y

買掛金: N

Goods receipt

Goods_receipt_base

n

請求書 (Invoice)

Invoices_base

Procurement: N

買掛金: Y

Invoice item

Invoice_items_base

Procurement: N

買掛金: Y

Accounting

Accounting_documents_base

n

Payment

Payments_base

n

以下の図は、 Purchase-to-Pay Discovery Acceleratorのエンティティ間の関係を示しています。



購買依頼

Purchase_requisitions_base テーブル

以下は、Purchase_requisitions_base テーブルの属性の概要です。

名前

データ型

必須 Y/N

説明

購買依頼 ID

テキスト

Y

購買依頼の一意の識別子です。

作成日

日付

Y

購買依頼の作成日です。

承認ステータス

テキスト

n

プロセスにおける購買依頼のステータスです。「開始」、「終了」、「承認済」、「保留中」などがあります。

Material

テキスト

n

依頼品目です。

品目グループ

テキスト

n

依頼品目の分類です。

Purchase requisition

テキスト

n

購買依頼を特定するためのユーザー フレンドリーな名前です。

購買依頼の種類

テキスト

n

購買依頼の分類です。

数 (Quantity)

テキスト

n

ご要望の数量と測定単位です。

Requisitioner

テキスト

n

購買依頼をリクエストしたユーザーです。

値 (Value)

Double

n

購買依頼に関連する金銭的価値です。

発注書

Purchase_orders_base テーブル

以下は、Purchase_orders_base テーブルの属性の概要です。

名前

データ型

必須 Y/N

説明

発注書 ID

テキスト

Y

発注書の一意の識別子です。

作成日

日付

Y

発注書の作成日です。

承認ステータス

テキスト

n

プロセスにおける発注書のステータスです。「開始」、「終了」、「承認済」、「保留中」などがあります。

企業 (Company)

テキスト

n

発注書が作成される会社です。

Purchase order

テキスト

n

発注書を特定するためのユーザー フレンドリーな名前です。

Purchase order creator

テキスト

n

発注書を作成したユーザーです。

発注書の種類

テキスト

n

発注書の分類です。

Purchasing group

テキスト

n

発注書に関連付けられた購買グループです。

Purchasing organization

テキスト

n

発注書に関連付けられた購買組織です。

Supplier

テキスト

n

発注書に関連付けられたサプライヤーです。

一時的サプライヤー

Boolean

n

サプライヤーが一時サプライヤーであるかどうかを示します。

Supplier country

テキスト

n

サプライヤーに関連付けられた国です。

サプライヤーのリージョン

テキスト

n

サプライヤーに関連付けられた地域です。

Purchase_order_items_base テーブル

以下は、Purchase_order_items_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

発注明細 ID

テキスト

Y

発注品目の一意の識別子です。

発注書 ID

テキスト

Y

発注書の一意の識別子です。

購買依頼 ID

テキスト

N*

購買依頼の一意の識別子です。

業務領域

テキスト

n

発注品目に関連付けられた業務領域です。

コスト センター

テキスト

n

発注品目に関連付けられたコスト センターです。

顧客 (Customer)

テキスト

n

代理として発注品目を作成する対象の顧客です。

顧客の国

テキスト

n

顧客に関連付けられた国です。

Customer region

テキスト

n

顧客に関連付けられた地域です。

納品を完了する

Boolean

n

すべての発注商品を受領したかどうかを示します。

Latest actual delivery date

日付

n

発注品目の最新の実際の納品日です。

期待される最新の納品日

日付

n

発注品目に対して当初確認されていた最新の納品日です。

Material

テキスト

n

発注品目です。

品目グループ

テキスト

n

発注品目の分類です。

Plant

テキスト

n

発注品目に関連するプラントです。

Purchase order item

テキスト

n

発注品目を特定するためのユーザー フレンドリーな名前です。

数 (Quantity)

テキスト

n

注文した数量と数量単位です。

ストレージの場所

テキスト

n

発注品目に関連する保管場所です。

値 (Value)

Double

n

発注品目に関連する金銭的価値です。

\* プロセス グラフに 購買依頼 イベントを含める場合は、[ 購買依頼 ID ] フィールドが必須になります。

Goods_receipt_base

以下は、Goods_receipt_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

商品受領 ID

テキスト

Y

入庫の一意の識別子です。

発注明細 ID

テキスト

N*

発注品目の一意の識別子です。

\* プロセス グラフに 商品受領 イベントを含める場合は、[ 発注明細 ID ] フィールドが必須になります。

請求書 (Invoice)

Invoices_base テーブル

以下は、Invoices_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

請求書 ID

テキスト

Y

請求書の一意の識別子です。

請求書 ID (会計の関係)

テキスト

N*

会計システムで認識されている、請求書の一意の識別子です。

作成日

日付

Y

システムで請求書が作成された日付。

Baseline date

日付

n

請求書の期限日の計算に使用するベースラインの日付です。

企業 (Company)

テキスト

n

請求書に関連付けられた会社です。

割引率 1

Double

n

割引期間 1 の割引率です。

割引率 2

Double

n

割引期間 2 の割引率です。

割引期間 1

Integer

n

割引率 1 が適用される支払期間です。

割引期間 2

Integer

n

割引率 2 が適用される支払期間です。

年度

テキスト

n

請求書が属する会計年度。

請求書 (Invoice)

テキスト

n

請求書を識別するためのユーザーフレンドリーな名前です。

請求書の作成者

テキスト

n

請求書を作成したユーザーです。

請求書の日付

日付

n

受領した請求書が作成された日付。

請求書の種類

テキスト

n

請求書を分類する

正味支払期間

Integer

n

請求書の正味支払期間 (日数) です。

お支払い方法

テキスト

n

請求書の支払い方法です。

支払い条件

テキスト

n

請求書に適用される支払い条件。

転記日

日付

n

請求書の転記日 (会計) です。

\* プロセス グラフに 買掛金 イベントを含める場合は、[ Invoice ID ] フィールドが必須です。

Invoice_items_base テーブル

以下は、Invoice_items_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

請求書明細 ID

テキスト

Y

請求書品目の一意の識別子です。

請求書 ID

テキスト

N*

請求書の一意の識別子です。

発注明細 ID

テキスト

N*

発注品目の一意の識別子です。

Invoice item

テキスト

n

請求書明細を識別するためのユーザーフレンドリーな名前です。

Material

テキスト

n

請求書の材料。

Plant

テキスト

n

請求書明細に関連付けられたプラント。

数 (Quantity)

テキスト

n

請求書明細の数量と測定単位です。

値 (Value)

Double

n

請求書明細の金銭的価値です。

\* プロセス グラフに 買掛金 関連のイベントを含める場合は、[ 請求書 ID] フィールドと [ 発注明細 ID ] フィールドが必須になります。

Accounting

Accounting_documents_base テーブル

以下は、Accounting_documents_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

会計伝票 ID

テキスト

Y

会計伝票の一意の識別子です。

請求書 ID

テキスト

N*

会計システムで認識されている、請求書の一意の識別子です。

\* プロセス グラフに買掛金関連のイベントを含める場合は、[ Accounting document ID ] フィールドと [Invoice ID] フィールドの 両方が必須です。

Payment

Payments_base テーブル

以下は、Payments_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

支払い ID

テキスト

Y

支払いの一意の識別子です。

会計伝票 ID

テキスト

N*

会計伝票の一意の識別子です。

支払いが完了した

Boolean

n

支払が全決済の場合のフラグ

\* プロセス グラフに支払イベントを含める場合、[ Accounting document ID ] フィールドは必須です。

イベント

Events_base テーブル

Events_base テーブルには、すべてのエンティティのすべてのサブイベントのログが含まれます。以下は、Events_base テーブルの属性の概要です。

名前

入力

必須 Y/N

説明

アクティビティ

テキスト

Y

イベントの名前です。プロセスにおけるステップを示します。

Event end

DateTime

Y

イベントの実行終了に関連付けられたタイムスタンプです。

購買依頼 ID

テキスト

Y

購買依頼の一意の識別子です。

発注書 ID

テキスト

Y

発注書の一意の識別子です。

発注明細 ID

テキスト

Y

発注品目の一意の識別子です。

商品受領 ID

テキスト

Y

入庫の一意の識別子です。

請求書 ID

テキスト

Y

請求書の一意の識別子です。

請求書明細 ID

テキスト

Y

請求書品目の一意の識別子です。

会計伝票 ID

テキスト

Y

会計伝票の一意の識別子です。

支払い ID

テキスト

Y

支払いの一意の識別子です。

アクティビティのカテゴリ

テキスト

n

実行するアクティビティの種類です (例: ブロックの変更、設定/解除)。

テキスト

n

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator でメトリックとタグを定義するために使用される、アクティビティのコードです。

Activity order

Integer

n

複数の注文アクティビティでイベント終了が同じ場合に、アクティビティの実行順序を定義する数値です。

アクティビティ トリガー

テキスト

n

実行されたアクティビティの理由を説明する属性です。

Department

テキスト

n

イベントを実行した部署です。

Event detail

テキスト

n

イベントに関する情報です。

自動化済み

Boolean

n

イベントが手動で実行されたか、自動で実行されたかを示します。

ユーザー (User)

テキスト

n

イベントを実行したユーザーです。

ユーザー機能

テキスト

n

ユーザーに関連付けられた職務です。

ユーザーの種類

テキスト

n

ユーザーの分類です。

注:

各レコードには、ID フィールドのうちどれか 1 つのみが入力されることが期待されます。これが、イベントが発生するエンティティの ID です。その他の ID フィールドは空で構いません。

標準の必須属性 (ActivityEvent end) の横に 1 つのエンティティ ID が必須です。 このフィールドは、イベントが含まれるエンティティによって異なります。

アクティビティ コード

メトリックやタグの算出・決定には、Purchase-to-Pay Discovery Accelerator 内のいくつかのアクティビティが使用されています。ソース システムで特定のアクティビティに異なる名前を使用している場合、Activity code を使用してそのアクティビティを Purchase-to-Pay Discovery Accelerator 内の対応するアクティビティにマッピングすることで、メトリックやタグの算出に適切なアクティビティが使用されるよう設定できます。
Activity code 属性を定義する場合は、利用可能なアクティビティ コードが入力データで定義されていることを確認してください。

以下に、 Purchase-to-Pay Discovery Acceleratorで利用可能なアクティビティ コードの概要を示します。

アクティビティ コード

説明

使用状況

APPROVE_PO

発注が承認された

(任意のレベルで)

メトリック

• スループット時間:

  • 商品を受領するまでの発注の承認;
  • 発注が承認されるまでの購買依頼の作成
  • 発注承認への購買依頼の承認。

• 発注の承認の数

タグ

• 商品は、発注が承認される前または不合理に迅速に納品されます。

• 発注が承認される前またはなしで請求書を受領します。

APPROVE_PR

購買要求が承認された

(任意のレベルで)

メトリック

• スループット時間:

  • 発注承認への購買依頼の承認。

• 購買依頼の承認の数。

CREATE_INVOICE

請求書の作成時

メトリック

• スループット時間:

  • 最後に送信される支払いまでの請求書の作成。

CREATE_INVOICE_ITEM

請求書明細の作成

タグ

• 発注が承認される前または発注明細のない前に請求書を受領するか、発注明細が作成されます。

• 発注の承認後すぐに請求書を受領します。

CREATE_OUTGOING_PAYMENT

支払いの送信が実行された

メトリック

• スループット時間:

  • 最後に送信される支払いまでの請求書の作成。

CREATE_PO

発注書が作成された

メトリック

• スループット時間:

  • 発注承認への購買依頼の承認。

CREATE_PO_ITEM

発注明細が作成された

タグ

• 発注明細が作成される前に商品が納品されます。

• 発注明細が作成される前に請求書を受領します。

CREATE_PR

購買依頼の作成

メトリック

• スループット時間:

  • 商品を受領するまで、発注の承認。

GOODS_RECEIPT

商品を受領しました。

メトリック

• スループット時間:

  • 商品を受領するまで、発注は承認されます。

タグ

• 商品は、発注が承認される前または発注明細が作成される前または前に納品されます。

• 発注の承認後も、商品の納品が速すぎるとします。

REVOKE_APPROVED_PO

(任意のレベルで) 発注の承認が取り消された

メトリック

•発注承認の取り消しの数。

REVOKE_APPROVED_PR

購買依頼の承認が取り消された (どのレベルでも)

メトリック

• 購買依頼の承認取り消し数

属性タイプ

以下に、さまざまな属性タイプと既定の書式設定の概要を示します。

属性タイプ

仕様

Boolean

なし

日付

形式: YYYY-M-D

DateTime

日付形式: YYYY-M-D

Time format: h:mm[:ss[[.zzz]]]

Double

小数点の区切り文字: . (ドット)。

3 桁の区切り文字: なし‑

Integer

3 桁の区切り文字: なし‑

テキスト

N/a。

入力形式

入力属性の一部の属性タイプには、異なる複数の書式を設定できます。たとえば 2 つの属性はどちらも Date タイプを持つことができますが、それぞれ異なる書式を設定できます。

入力データの形式が Purchase-to-Pay Discovery Acceleratorの既定の形式と異なる場合は、 Purchase-to-Pay Discovery Accelerator[Edit Datasource Attribute ] ダイアログで、そのタイプ のすべての 入力属性の書式を編集して、入力データの形式に合わせて編集できます。以下の画像で例をご確認ください。



表示形式を変更する

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator で、属性の種類に設定されている既定の表示形式と異なる表示形式を使用する場合は、[ Purchase-to-Pay Discovery Accelerator] で表示形式の設定を変更できます。たとえば、別の通貨文字列を使用する場合は、[ 表示形式 ] ダイアログで設定を変更できます。

[表示形式] ダイアログを開くには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

[ ホーム ] ボタンをクリックし、[ 設定...]を選択します。

2

[表示形式...] を選択します。

以下の画像でご確認ください。



同様に、特定の属性の小数点区切り文字または 3 桁の区切り文字を変更できます。

詳細については、「表示形式」をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.