Process Mining
2021.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

Azure Key Vault の資格情報ストアを設定する

はじめに

Azure Key Vault はパスワードの暗号化を提供します。このため、 UiPath Process Miningのパスワードを保存する場所を安全かつ安全に確保できます。

大事な: Azure 環境が Azure Key Vault で利用可能である必要があります。

Azure Key Vault を設定するには、次の操作を実行する必要があります。

  1. Create a Key Vault;
  2. 証明書を生成する
  3. UiPath Process Miningのアプリの登録
  4. Key Vault に対する適切な権限を設定します。
  5. UiPath Process Miningで資格情報ストアを有効化します。

手順 1: Key Vault を作成する

Key Vault を作成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

Azure Portal に移動します (https://portal.azure.com)。

2

[ リソースの作成] をクリックします。

3

Key Vault を検索し、[ 作成] をクリックします。

4

[名前] を入力し、[ サブスクリプション] を選択するか、 リソース グループ を選択または作成して [場所] を選択します。

5

Key Vault名前を書き留めてコピーするか、コピーします。

6

アクセス ポリシーを既定のままにして、[ 作成] をクリックします。

これで、パスワードを秘密方法で保存できる Key Vault を作成しました。

手順 2: 証明書を生成する

UiPath Process Mining と Azure 間の接続をセキュリティで保護するために、証明書として参照される公開/秘密キーのペアが必要です。以下で、証明書を生成する 2 つの異なる方法について説明します。 1 つ目が証明書を作成する最も簡単な方法ですが、Linux マシンなどを使用するには、OpenSSL へのアクセス権が必要です。 2 つ目の方法の方が複雑かもしれませんが、必要なのは Azure のみです。

openssl

OpenSSL を介して証明書を生成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

コマンド ライン プロンプトで次のコマンドを実行します。

openssl req -x509 -nodes -days 365 -newkey rsa:2048 -keyout my-certificate.pem -out my-certificate.pem

2

すべてのフィールドを空のままにすると、証明書 my-certificate.pem が生成されます。

3

次のコマンドを実行します。

openssl x509 -outform der -in my-certificate.pem -out azure-cert.cer

これにより、Azure での認証に必要な秘密キーであるファイル my-certificate.pemと、Azure にアップロードされる公開キーである azure-cert.cer が生成されます。

Azure

Azure 経由で証明書を生成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

Azure Portal で [ すべてのリソース ] に移動し、使用する Key Vault をクリックします。

2

[証明書] に移動し、[ 生成/インポート] をクリックします。

3

[証明書の作成方法生成] に設定します。

4

たとえば、証明書の名前を入力します (例: my-certificate)。

5

[証明機関 (CA) の種類]自己署名証明書に設定します。

6

件名を入力します。たとえば、 CN=http://www.example.comです。

7

コンテンツの 種類PEMに設定し、残りの既定の設定を保持します。

8

[ 作成] をクリックします。

生成された証明書を Azure からダウンロードするには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

Azure Portal で [ すべてのリソース ] に移動し、使用する Key Vault をクリックします。

2

[ 証明書] を選択して、証明書をクリックします。

3

現在のバージョンを右クリックし、有効化されていない場合は [有効化]を選択します。

4

現在のバージョンをクリックします。

5

[ダウンロード] を PFX/PEM 形式で クリックし、[ ダウンロード] をクリックします。

6

ファイルをディスクに my-certificate.pemとして保存します。

7

[ CER 形式でダウンロード] をクリックします。

8

ファイルをディスクに azure-cert.cerとして保存します。

9

Azure から証明書を削除します。

これで、秘密キー (my-certificate.pem) がソフトウェアで使用され、公開キー (azure-cert.cer) が Azure で使用されるようになります。

ステップ 3: アプリの登録

UiPath Process Miningから Key Vault にアクセスするには、アプリの登録が必要です。アプリの登録を実行するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

Azure Portal で Azure Active Directoryに移動します。

2

Go to Propertiesand write down/copy your Directory (tenant) ID.

3

[ アプリの登録] をクリックします。

4

[ 新しいアプリケーションの登録] をクリックします。

5

[名前] を入力し、[アプリケーションの種類] として [ Web app/API ] を選択し、有効な [Sign on URL] を入力します。

6

[ 作成] をクリックします。

アプリの登録が完了しました。

ステップ 4: 正しい権限を設定する

UiPath Process Mining が Key Vault にリンクできるようにするには、正しい権限を設定する必要があります。

正しい権限を設定するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

アプリの登録に移動し、 アプリケーション (クライアント) ID を書き留め/コピーします。

2

[設定] - [キー] に移動し、[ 公開キーのアップロード] をクリックします。

3

前に作成した azure-cert.cer ファイルを選択し、[保存] をクリック します

4

Azure Portal で [ すべてのリソース ] に移動し、使用する Key Vault をクリックします。

5

[ アクセス ポリシー ] を選択し、[ 新規追加...] をクリックします。

6

[ プリンシパルの選択] をクリックし、アプリの登録を選択します。 [選択] をクリック します

7

[ シークレットの権限] – [取得 ] を選択し、[OK] をクリック します

8

[保存] をクリックします。

9

[シークレット] に移動し、[ 生成/インポート] をクリックします。

10

[名前](これが識別子)、[ ] (これはシークレット パスワードです) を入力します。

11

[ 作成] をクリックします。

UiPath Process Miningの Key Vault にリンクできるようになりました。

手順 5: UiPath Process Mining で資格情報ストアを有効化する

Azure Key Vault を使用して UiPath Process Mining で資格情報ストアを有効化するには、以下の手順に従います。

1

[Superadmin Settings] タブに移動します。

2

以下に示すように 、[Server Settings]CredentialStore エントリを追加します。
"CredentialStore": {
    "Type"           : "AzureKeyVault",
    "TenantId"       : <Directory/Tenant ID>,
    "ClientId"       : <Client ID>,
    "VaultName"      : <KeyVaultName>
    "CertificateFile": <my-certificate.pem>
}"CredentialStore": {
    "Type"           : "AzureKeyVault",
    "TenantId"       : <Directory/Tenant ID>,
    "ClientId"       : <Client ID>,
    "VaultName"      : <KeyVaultName>
    "CertificateFile": <my-certificate.pem>
}

識別子を開発者が使用できるようになり、識別子が使用された場合は値に指定されたパスワードが表示されます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.