Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

Settings タブ

はじめに

[ 設定] タブでは、サーバーの設定を調整するために サーバー設定 を追加または変更できます。 さらに、[ 設定] タブでは、アプリの開発に使用する リポジトリ を管理できます。

サーバーの設定

サーバーの設定はグローバル設定です。 つまり、バージョンに関係なく、 UiPath Process Mining のインストール サーバー上のすべてのビルドで同じサーバー設定が使用されます。

既定では、サーバーは可能な限り厳密に構成されます。 [設定] タブの [Server Settings] フィールドで、サーバーの設定を変更することができます。 これらの設定は、 JSONに示されます。

以下の画像でご確認ください。



利用可能なサーバー設定の概要は以下のとおりです。

設定

...

AllowHTTPFor

HTTPS なしでこのインスタンスへのアクセスを許可する IP を特定する

AutoLogin

をクリックして、エンドユーザーと Superadmin ユーザーが、現在アクティブな SSO メソッドを使用して自動的にログインするかどうかを指定します。

設定可能な値は次のとおりです。

  • none
  • enduser
  • superadmin
  • both
既定値は none です。
メモ: 自動ログインを有効化する前に、SSO が正しく機能していることを確認してください。 SSO が正しく設定されていない場合に自動ログインを有効化すると、自動ログインの設定の影響を受けるユーザーがログインできなくなる可能性があります。

AutocleanWorkspaceCachesDays

開発者ワークスペース用のキャッシュ ファイルが自動的に削除されてから数日後に指定します。

AutomationHubAppToken

specify a token used to send automation ideas to UiPath Automation Hub.

AutomationHubUrl

オンプレミスバージョンの Automation Hub を使用する場合は、Automation Hub インスタンスの URL を指定します。

メモ: Automation Cloud バージョンの UiPath Automation Hub の AutomationHubUrl 設定を指定しない場合は、使用されます。

ContentSecurityPolicy

クロスサイト スクリプティング (XSS) 攻撃やデータ インジェクション攻撃など、特定の種類の攻撃の検出と軽減に役立つ追加のセキュリティ レイヤーを定義できます。

詳細については、Mozilla のドキュメント「コンテンツセキュリティポリシー」を参照してください。

CredentialStore

パスワード ストレージ用の資格情報ストアを定義する。

CustomData

ServerSettings スコープの認証テーブルで使用できるカスタム設定を定義する。

DefaultEnvironment

このサーバーに既定の環境を設定します。 URL で環境を指定しない場合は、設定した既定の環境が使用されます。

DefaultOrganizationCode

組織を指定せずにログインするときに使用する既定の組織を指定します。

DevDatasetPath

開発データセットをエクスポートするときに使用するパスを指定します。 UiPath Process Mining のインストール フォルダーへの相対パスを指定することもできます。

DeveloperMode

UiPath Process Mining のこの構成を内部開発者または外部開発者が使用するかどうかを示すために使用します。内部モードで使用すると、内部メニューが表示され、バグをインポートすることができます。

DisallowedExtensions

[Workspaces] タブ、[ Development data] タブ、および [ Server data ] タブへのファイルのアップロードを、ファイル拡張子を指定して無効化します。拡張子は、新しいテーブルを作成する際に [Upload File] ダイアログでアップロードするデータ ファイル についても検証されます。

注: 拡張機能のみを指定し、"." は指定しないでください。

DisallowLargeDataExports

このサーバーから大きなデータをエクスポートする場合は、エンドユーザーを無効化する。

EnableAttrLog

属性の初期化に関する情報をログに追加するか、またはデ初期化に関する情報を追加するかを指定します。

EndUserContentMessageHtml

のログイン中にエンドユーザーに表示されるメッセージを定義する必要があります。 ログインを完了するには、エンドユーザーが読み取りを確認し、メッセージに同意する必要があります。

Environments

このサーバーで使用可能な環境を定義します。 通常は、運用環境のみが必要です。

ExternalAuthenticationProviders

Azure Active Directoryの外部認証、**統合 Windows 認証**、SAML、または ldapを設定します。

FeatureMode

インターフェースで使用可能なフィーチャーを決定する。 設定可能な値は次のとおりです。

  • stable
  • beta
  • alpha

GenericScriptHandlers

一般的なスクリプト実行可能ファイルを設定します (例: python.exe)。

KeepInstancesError

を保持するエラーがあるインスタンスの最大数を定義します。

KeepInstancesOk

エラーなしのインスタンスの最大数を定義して保持します。

LinkedEnvironments

複数の環境を一緒にパブリッシュできるリンク環境

MailSettings

メールを送信するための設定を定義します。たとえば、招待メールやパスワードのリセットに関するメールを新規ユーザーに送信する設定や、エラー レポートを送信する設定などです。 SMTP サーバーのホスト名または IP アドレスと SMTP ポート番号を指定します。

例:

"MailSettings": {

"SMTP": "my.mailserver.com"

, "port": "25"

`

MaxPagesPDF

PDF をエクスポートするページの最大数を定義する

OverrideApplicationSettings

設定を指定して ApplicationSettings.json ファイルの設定を上書きします。

ReportBugPath

バグ データのストレージ パスを定義する。

SendCrashDumpsTo

クラッシュ ダンプの送信に使用するメール アドレスを指定します。 クラッシュ ダンプだけがこのメール アドレスに送信されます。

注: SendCrashDumpsTo SendMailReportTo フィールドよりも優先されます。

SendMailReportId

MailReports の件名行に含まれるテキストを定義します。

SendMailReportOnSuccess

データ サーバー呼び出しが警告/エラーを報告したときにメールを送信するかどうかを定義します。

SendMailReportTo

各データ サーバー呼び出しの後に、メールの送信に使用するメール アドレスを指定します。

注: SendCrashDumpsTo 設定されている場合、クラッシュ ダンプがこのメール アドレスではなく、そのメール アドレスに送信されます。

SendTelemetryData

UiPath Process Mining を無効化して、問題の診断および製品の改善を行うために、使用状況とパフォーマンスに関するデータを収集します。

ServerScopePath

「Server」スコープに設定されたデータソースが解決する(相対)パスを定義する。

UiPath Process Mining のインストール フォルダーへの相対パスを指定することもできます。

SessionTimeout

アクティビティがない場合にエンドユーザーがログイン ページにリダイレクトされるよう分単位で指定します。

SharedDataMaxAgeHours

共有データを使用して新しいインスタンスを作成できなくなるまでの時間数を指定できます。

SharedDataRoot

「Shared」データソースのルートとして使用するパスを定義します。 このファイル内に、適切な使用権限を持つ '/ ディレクトリを作成する必要があります。

SuperAdminTotpEnabled

superadmins の 2 要素認証を有効化します。 「2 要素認証」をご覧ください

UseEdgeActivitySliders

プロセス グラフの詳細スライダーを、個別のアクティビティ スライダーとエッジ スライダーに置き換えます。

UseNonProductionBanner

ページ タイトルの横にバナーを追加して、Non-Production ライセンスが有効である旨を示します。 この機能は、開発環境や受け入れ環境のセットアップを運用環境と区別するために使用できます。

メモ: 利用可能なサーバーの設定の詳細については 、[Server Settings] ペインのオンライン ヘルプをご覧ください。

リポジトリ

[設定] タブの [ リポジトリ ] ペインで、開発に使用するリポジトリを定義できます。リポジトリは、インストール内、 UiPath Process Mining インストールと同じサーバーのフォルダーの場所、または別の (外部) サーバー上にある場合があります。

利用可能なリポジトリが一覧表示され、一連のオブジェクトが表示されます。

メモ: インストール 済みの UiPath Process Mining のルート フォルダーに相対して保存されるファイルシステムベースの Git リポジトリは、プレフィックス mvlocal:を使用して指定できます。

以下に、リポジトリを定義する文字列の例を示します。

[
    { "url": "ssh://user@server.lan/~/repo.git", "pass": "password" },
    { "url": "file:///C:/Stuff/repo.git" },
    { "url": "mvlocal:upstream.git" },
    { "url": "git@github.com:user/repo.git", "privkey_file": "keys/keyfile", "pubkey_file": "keys/keyfile.pub" },
    { "url": "https://github.com/user/repo.git", "user": "user", "pass": "password" }
][
    { "url": "ssh://user@server.lan/~/repo.git", "pass": "password" },
    { "url": "file:///C:/Stuff/repo.git" },
    { "url": "mvlocal:upstream.git" },
    { "url": "git@github.com:user/repo.git", "privkey_file": "keys/keyfile", "pubkey_file": "keys/keyfile.pub" },
    { "url": "https://github.com/user/repo.git", "user": "user", "pass": "password" }
]
  • はじめに
  • サーバーの設定
  • リポジトリ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.