Process Mining
2021.10
Input Data of the SAP Order-To-Cash Connector for AppOne - Standalone 2021.10
Banner background image
ロゴ
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

SAP Order-To-Cash Connector for AppOne の入力データ

はじめに

入力データは、トランザクション データとマスタデータの 2 つの部分で構成されます。 以下に、SAP Order-to-Cash Connector for AppOne の SAP入力テーブルと入力データ フィールドの概要を示します。

トランザクション データ テーブル

Sales Document Tables

以下の表は、標準の SAP 販売ドキュメントテーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

VBAK

Sales Document Header Data

"MANDT""VBELN""VBTYP""AUART""KUNNR""BUKRS_VF""VKORG""VTWEG""SPART""VKBUR""VKGRP""ERNAM"

VBTYP in [‘C', ‘K', 'H]

日付: ERDAT

VBAP

Sales Document Item Data

"MANDT", "VBELN", "POSNR", "ERDAT", "ERZET",' "VGBEL", "VGPOS", "MATNR", "MATKL", "WERKS", "VSTEL", "LGORT", "NETWR", "WAERK",
"PSTYV""PRCTR""KWMENG"

日付: ERDAT

VBEP

販売伝票のスケジュール明細データ

"MANDT""VBELN""POSNR""ETENR"
 

VBKD

Sales Document Business Data

"MANDT", "VBELN", "POSNR", "ZTERM", "INCO1", "KURSK", "PRSDT", "FKDAT"
 

ドキュメントテーブルを配信する

以下のテーブルは、標準の SAP 納品ドキュメント テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

LIKP

納品ドキュメントのヘッダー データ

"MANDT""VBELN""VBTYP""KUNNR""VKORG""INCO1""LGNUM""LGBZO""VSTEL""ERNAM""LFART""WADAT"

VBTYP in ['J', 'T']

日付: ERDAT

LIPS

納品ドキュメントアイテムデータ

"MANDT", "VBELN", "POSNR", "ERDAT", "ERZET", "VGBEL", "VGPOS", "MATNR", "MATKL", "WERKS", "VTWEG", "SPART", "VKBUR", "VKGRP", "LGORT", "PSTYV", "LFIMG"

日付: ERDAT

ドキュメントのテーブルの請求

以下のテーブルは、標準の SAP 請求伝票テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

VBRK

請求先伝票ヘッダーデータ

"MANDT", "VBELN", "VBTYP", "ERNAM",
"SFAKN""STGRD""ERDAT""ERZET""FKDAT""FKTYP"

VBTYP in ['M', ‘N', 'O’, 'S’]

日付: ERDAT

VBRP

請求伝票明細データ

"MANDT""VBELN""POSNR""ERDAT""ERZET""VGBEL""VGPOS"

日付: ERDAT

ドキュメントテーブルの処理

以下のテーブルは、標準の SAP 会計ドキュメント テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

BKPF

Payment Document Header Data

"MANDT""BUKRS"
"BELNR", "GJAHR", "BLART", "CPUDT", "CPUTM", "USNAM",

"AWKEY"

日付: CPUDT

BSID

Accounting: 顧客データのセカンダリ インデックス

"MANDT""BUKRS"
"BELNR""GJAHR"
"BUZEI""ZFBDT""ZBD1T""ZBD2T""ZBD3T"

BUZEI = '001'

日付: CPUDT

BSAD

顧客の会計セカンダリ インデックス (未クリアアイテム) データ

"MANDT""BUKRS"
"BELNR""GJAHR"
"BUZEI""ZFBDT””ZBD1T”"ZBD2T""ZBD3T"

BUZEI = '001'

日付: CPUDT

BSE_CLR

伝票セグメント消込情報追加データのデータ

"MANDT""BUKRS_CLR"
"BELNR_CLR", "GJAHR_CLR", "INDEX_CLR","CLRIN",
"BUKRS""BELNR""GJAHR""WAERS""WRBTR""BUZEI"

BUZEI = '001' AND (CLRIN = '' OR CLRIN = 2)

変更ログ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的な変更ログ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

CDHDR

変更文書ヘッダー データ

"MANDANT", "OBJECTCLAS", "OBJECTID" , "CHANGENR", "UDATE", "UTIME", "USERNAME"

OBJECTCLAS in ['VERKBELEG', 'LIEFERUNG', 'FAKTBELEG', 'BELEG', 'BELEGR']

日付: UDATE

CDPOS

変更文書明細クラスター データ

"MANDANT", "OBJECTCLAS""OBJECTID""CHANGENR""TABNAME""TABKEY""FNAME""VALUE_NEW""VALUE_OLD""CHNGIND"

`FNAME in ['LFDAT', ‘FKDAT', 'LIFSK', 'FAKSK', 'CMGST', 'WBSTK','PODAT', 'LFIMG', 'SKFBP', 'ZTERM', 'ZFBDT','ZUONR', 'BVTYP', 'ZLSPR', 'AUGBL', 'NETPR', 'ABGRU','FAKSP', 'WMENG', 'BMENG', 'EDATU', 'LIFSP', 'KOSTK', 'HBKID’,’PRSDT, 'KURSK', 'WAERK']

AND TABNAME in ['VBAK', 'VBAP', 'VBEP', 'VBKD', 'LIKP', 'LIPS', 'VBUK', 'VBRK', 'VBRP', 'BSEG', 'BSEGR']`

マスター データ テーブル

ユーザー マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的なユーザー マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

USR21

ユーザー名/アドレス キー割り当てデータ

"MANDT""BNAME""PERSNUMBER""ADDRNUMBER"
 

ADRP

個人 (ビジネス アドレス サービス) データ

"CLIENT""PERSNUMBER""DATE_FROM""DATE_TO""NAME_FIRST""NAME_LAST""NATION"

NATION = '' or NATION = 'I'

ADCP

個人/住所割り当て (ビジネス アドレス サービス) データ

"CLIENT", "ADDRNUMBER", "PERSNUMBER", "DATE_FROM", "DATE_TO", "DEPARTMENT", "FUNCTION", "NATION"

NATION = '' or NATION = 'I'

USR02

ログオン データ

"MANDT""BNAME""USTYP"
 

カスタマー マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的なカスタマー マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

KNA1

General Customer Master Data

"MANDT""KUNNR""NAME1""NAME2""LAND1""REGIO"
 

T005T

国名データ

"MANDT""LAND1""LANDX""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

T005U

税地域キー テキスト データ

"MANDT""LAND1""BLAND""BEZEI""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

* 言語 は、コネクタで定義する言語設定です。 見る。

品目マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的な品目マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

MAKT

品目テキスト データ

"MANDT""MATNR""MAKTX""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

T023T

品目グループ テキスト データ

"MANDT""MATKL""WGBEZ""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

* 言語 は、コネクタで定義する言語設定です。.

組織構造マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的な組織構造マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

T001

会社コード データ

"MANDT""BUKRS""BUTXT""WAERS"
 

T001K

評価領域データ

"MANDT""BUKRS""BWKEY"
 

T001L

保管場所データ

"MANDT""WERKS""LGORT""LGOBE"
 

T001W

プラント/支店データ

"MANDT""WERKS""NAME1""BWKEY"
 

TSPAT

組織単位の営業部門のテキスト データ

"MANDT""SPART""VTEXT""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVGRT

組織単位の営業グループのテキスト データ

"MANDT""VKGRP""BEZEI""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVKBT

組織単位 の販売組織のデータ

"MANDT""VKBUR""BEZEI""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVKOT

組織単位の販売組織のテキスト データ

"MANDT""VKORG""VTEXT""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVST

組織単位の出荷ポイントのデータ

"MANDT""VSTEL""ALAND"
 

TVTWT

組織単位の分布チャネルのテキスト データ

"MANDT""VTWEG""VTEXT""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

* 言語 は、コネクタで定義する言語設定です。.

Sales Document Master Data Tables

以下のテーブルは、標準の SAP 販売ドキュメントマスターデータテーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

TVAPT

Sales Document Item Categories Texts Data

"MANDT""PSTYV""VTEXT""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVAKT

セールス ドキュメントの種類のデータ

"MANDT""AUART""BEZEI""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

TVLKT

Delivery Type Texts Data

"MANDT""LFART""VTEXT""SPRAS"
SPRAS = 'Language'*

* 言語 は、コネクタで定義する言語設定です。.

ブロックおよび取消理由マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的なブロックおよび取消理由マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

TVLST

納品ブロック理由テキストデータ

"MANDT""LIFSP""VTEXT""SPRAS"

SPRAS = 'Language'

TVFST

請求ブロック理由テキスト データ

"MANDT""FAKSP""VTEXT""SPRAS"

SPRAS = 'Language'

T008T

自動支払トランザクションのブロック理由名データ

"MANDT""ZAHLS""TEXTL""SPRAS"

SPRAS = 'Language'

TVAGT

販売伝票のテキスト データの却下理由

"MANDT""ABGRU""BEZEI""SPRAS"

SPRAS = 'Language'

T041CT

リバース転記の理由 (名前) データ

"MANDT""STGRD""TXT40""SPRAS"

SPRAS = 'Language'

* 言語 は、コネクタで定義する言語設定です。.

通貨マスター データ テーブル

以下のテーブルは、SAP の標準的な通貨マスター データ テーブルです。

ストア

Process Mining で使用されるフィールド

フィルター処理

TCURR

為替レート データ

"MANDT""KURST""FCURR""TCURR""GDATU""UKURS"

KURST = 'Exchange rate type'

TCURF

換算係数データ

"MANDT""KURST""FCURR""TCURR""GDATU""FFACT""TFACT"

KURST = 'Exchange rate type'

TCURX

通貨の小数点以下桁数データ

"CURRKEY", "CURRDEC"
 

* 為替レートの種類 は、コネクタで定義する種類です。.

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.