Process Mining
2021.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

棒グラフ

はじめに

棒グラフを使用すると、データをグループ化したり、特定のメトリックを比較したりできます。棒は横方向に表示されます。

棒グラフにデータを追加する

既定の棒グラフにデータを追加するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

グラフをクリックして選択し、[ Chart ] タブに移動します。

2

[ 行] の横の none をクリックし、テーブル項目のリストから属性を選択します。

以下の画像でご確認ください。



属性を選択すると、ダッシュボードは異なる棒に分割され、各バーの後に行ごとのレコード数が表示されます。

上の例では、 請求書所有者1 件あたりのレコード数がダッシュボードに表示されるようになりました。

既定では、列幅は自動的に決定されます。 表の項目の幅を定義できます。これは、テキスト値が大きい表の項目に役立ちます。 「 表の項目について」をご覧ください

メモ: 既定では、表示される値はレコード数です。 上の例では、この数字は請求書の数を表しています。

値を変更する

メトリックを選択することでグラフ内にさまざまな値を表示できます。たとえば、既定の数値の代わりに平均値を表示できます。この場合、平均量を算出するメトリックを作成する必要があります。

グラフに別のメトリックを表示するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

グラフをクリックして [Chart] タブに移動します。

2

表の項目リストに新しいメトリックを作成します。

3

[ メトリック ] の横 none アイコンをクリックし、ドロップダウン リストからメトリックを選択します。
メモ: [メトリック] ドロップダウン リストには、表で定義されているメトリックとセレクターのみが表示されます。
メモ: エンドユーザーがグラフ内の異なる値に切り替えた場合、さまざまなメトリックを作成し、メトリック セレクターに追加できます。 その場合、[メトリック] ドロップダウン リストから メトリック セレクターを選択します。

グラフを分割する

列を追加してグラフのデータを分割できます。 [グリッド ] パネルの [ ] ドロップダウン リストから属性を選択し、選択した属性によってデータを分割し、その情報を複数の列に表示します。サプライヤーの種類ごとにデータが分割される例は、下の図 をご覧ください。



列の並べ替え

既定では、データはカテゴリごとにアルファベット昇順で並べ替えられます。 グリッド パネルのオプションを使用すると、列の並べ替えやその順番を変更できます。以下の画像でご確認ください。



メモ: 並べ替えは列に適用されるため、[ Sort columns ] と [Sort direction] オプションは、[ Grid ] パネルに [Column] 属性が設定されている場合にのみ使用できます。

[ Sort columns ] ドロップダウン メニューから [ メトリックの合計 値] オプションを選択すると、グラフ内のデータは、グラフに表示されているメトリック値の合計で並べ替えられます。 [並べ替えの方向 ] オプションでは、データを昇順または降順に並べ替えるかどうかを選択できます。

比較バーを追加する

期間を比較するために使用できるグラフに比較バーを追加できます。 この場合、[期間] フィルターを作成してダッシュボードに追加する必要があります。 以下の画像で例をご確認ください。



ダッシュボードには [ イベント終了 期間] フィルターが含まれており、結果または選択した月が表示されます。 前月の結果は、ライト ブルーのバーで示され、2 つの期間の値を比較できます。

グラフに比較バーを追加するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

グラフをクリックして選択し、[ Chart ] タブに移動します。

2

[ 設定] パネルの [ 比較バー ] オプションを選択します。

3

期間フィルターを作成し、[ コントロール] パネルで 右側 のレベルにドラッグします。

メモ: [比較バー ] オプションを選択すると、比較する色はグラフの色に基づいて自動的に決定されます。比較色を変更する場合は、[期間] フィルターで色を変更する必要があります。

ドリルダウンを追加する

メイン属性のドリルダウン属性を定義できます。 メイン属性とドリル ダウン属性の両方がグラフの属性セレクターに存在し、セレクターが X 軸である必要があります。

属性セレクターは、グラフのレベルとして使用されます。 セレクターで選択した属性にドリルダウン属性が定義されている場合、棒グラフにドリルダウン アイコンが追加されます。

ドリルダウン属性の定義

ドリル ダウン属性を定義するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

グラフをクリックして選択し、[ Chart ] タブに移動します。

2

テーブル項目リストでドリルダウンを作成する属性を右クリックし、[ 編集...] を選択します。

3

[ ADVANCED...] をクリックします

4

[Advanced] タブに移動します。

5

[ Drilldown] 属性の横にある none をクリックします。

6

リストからドリルダウンする属性 (または式) を選択し、[OK] をクリック します

以下の画像でご確認ください。



注:

メイン属性が属する表では利用できない属性にドリルダウンする場合は、これを解決するために式を追加で作成する必要があります。

たとえば、[ バリアント] タイプから [バリアント ] へのドリルダウンを作成する場合が 考えられますVariant タイプ の属性タイプが Cases_base テーブルで定義されているものの、 variantが定義されている Cases テーブルでは定義されていないものと仮定します。バリアントへのドリルダウンを有効化するには、 Cases テーブルで式を作成して バリアントの種類を定義する必要があります。[ バリアント] 式 で、 ドリルダウン属性として [Variant] を選択します。

グラフにドリルダウンを追加する

グラフにドリルダウンを追加するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

新しい属性セレクターを作成し、ドリルダウン属性として定義した属性とメイン属性の両方をセレクターに追加します。

2

[ Chart ] タブに移動します。

3

[ 行] の横の none をクリックし、表項目リストから属性セレクターを選択します。

4

属性セレクターを [ヘッダー] コントロール パネルに ドラッグします。

横棒グラフにドリルダウン アイコンが追加されます。 以下の画像でご確認ください。



グラフ内のドロップダウン アイコンをクリックすると、属性セレクターでドリルダウン属性が自動的に選択され、トップレベルの属性に基づくフィルターが [ フィルター] パネルに作成されます。

ユーザーのドリル アップには、属性セレクターからメイン属性を選択するか、Web ブラウザーで Back ボタンを使用する必要があります。 これにより、ドリルダウンから作成されたフィルターが自動的に削除されます。

コンテキスト列を追加する

メイン メトリックのコンテキストを決定するメトリックを定義することで、ダッシュボードに表示されるメイン メトリックをよりよく理解することができます。 コンテキストがグラフのツールチップとして表示されます。 棒グラフでは、コンテキストを追加の列として追加することもできます。 これにより、ユーザーはコンテキストに基づいて並べ替えることができます。

詳細については、「 コンテキスト 」をご覧ください。

コンテキスト列を持つ棒グラフを作成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

メトリックを作成し、コンテキスト メトリックを定義します。

2

グラフをクリックして選択し、[ Chart ] タブに移動します。

3

[ 行] の横の none をクリックし、テーブル項目のリストから属性を選択します。

4

[ メトリック ] の横 none アイコンをクリックし、表の項目のリストからメトリックを選択します。

5

[設定] パネルの [ コンテキスト列 ] チェック ボックスが選択されていることを確認します。

以下の画像でご確認ください。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.