Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

適合性 - 根本原因分析

はじめに

適合性 – 根本原因分析ダッシュボードでは、理想的なプロセスと比較した際に違いがあるプロセスの、特定の根本原因を調査できます。

根本原因分析とは

根本原因分析を使用すると、特定の好ましくない挙動について、ケースの挙動を分析できます。

適合性 – 根本原因分析ダッシュボードでは、ケースの参照セットと比較した、特定の挙動が含まれるケースの発生回数を確認できます。[基準ケース] のセットは、[ケース終了] および [ケースのステータス] フィルターに基づいて定義されます。この一連のケース内で、分析対象の挙動を選択できます。たとえば、特定のタグを持つケースなどです。ここで選択した項目は、「選択したケース」と呼ばれます。

適合性 - 根本原因分析 ダッシュボード

適合性 – 根本原因分析ダッシュボードでは、特定のフィルター設定を使用して選択したケースのセットと、[ケース終了] および [ケースのステータス] フィルターで定義されたケースの参照セットとを比較できます。ダッシュボードで選択した属性については、選択したケースと基準ケース内の、属性値の絶対頻度と相対頻度の比較結果が表示されます。

影響

影響」は、[参照として使用する割合] との差です。[参照として使用する割合] は、[基準ケース] 内の [選択したケース] の割合として計算されます。[参照として使用する割合] との差が大きい場合は、選択したケースに大きな影響を及ぼす可能性があります。



注: 根本原因分析では、複数の属性を選択できます。「グラフを使用する」もご覧ください。

根本原因分析の実行

根本原因分析を実行するには、まず何を分析するかを定義します。次に、ユーザー フィルターを追加して、分析のために [選択したケース] を定義します。以下のアニメーションは、[Multiple finale checks done] タグに基づく根本原因分析の例を示しています。



上の例では、[基準ケース] の 22% に [Multiple finale checks done] タグが設定されています。[参照として使用する割合] の 22% との差が大きいケースは、大きな影響を受ける可能性があることを示しています。例では、[ケースの種類] が [Preferred supplier] のケースの 46% に [Multiple finale checks done] タグが設定されています。この +24% の差は、このタグが影響を及ぼす可能性があることを示しており、これらの種類のケースを分析して、将来このタグが発生するのを防ぐことができます。

詳細情報を表示する

根本原因分析の詳細情報を表示するには、以下の手順を実行します。

手順

操作

1

[適合性] - [根本原因分析] ダッシュボードの右上隅にあるインフォメーション アイコンをクリックします。

ポップアップ ウィンドウに、[適合性] - [根本原因分析] ダッシュボードに実際に表示されたデータの詳細情報が示されます。以下の画像でご確認ください。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.