Process Mining
2021.10
Order-to-Cash の期限日 - スタンドアロン 2021.10
ロゴ
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

Order-to-Cash の期限日

はじめに

UiPath Process Mining では、期限日は、指定した日付より前に出現する必要があるアクティビティとして定義されています。期限日は、期限を守ったケースまたは超過したケースと、関連するコストに関する情報を取得するために使用されます。

期限日では、イベントの実際の 日付 とイベントの 予定日 の差が確認されます。 既定では、実際の日付は event end 属性の値として定義されます。 適切な期限日を作成するには、期限日の 予定日 を定義する必要があります。 必要に応じて、 期限日の金額(多くの場合、違約金または割引を参照) と、期限日が期限を満たしたかどうかの説明である [タイム ビン] を定義できます。 たとえば、1 日の遅れ、3 日遅れなどです。

Default Due Dates

SAP Order-to-Cash Connector for AppOne では、 Order-to-Cash プロセスに対して 既定の期限日が定義されています。期限日ごとに、実際の日付と期待される日付の式が Events_preprocessing テーブルで定義されます。 以下の画像に例を示します。



SAP Order-to-Cash Connector では、Order-to-Cash プロセスに対して以下の既定の期限日が定義されています。

期限日

説明

実際の日付

予定日

商品発行期限

発注済み商品は予定納品日より前に発行する必要があります。

アクティビティのイベント終了 商品の発行を転記

予定納入日

支払完了期限を受け取る

請求書は、支払期日の前に支払う必要があります。 顧客が支払期限後に支払う場合、売掛債権は期限切れとみなされます。

注: 割引期間は考慮されます。

アクティビティ終了 支払 いの受け取り

支払期日

クレジット メモの期限を支払う

クレジット メモを、支払 (入金) または他の売掛債権の出力でクリアできます。 期限日より後にクリアが実行された場合、クレジット メモは期限切れとみなされます。

アクティビティ終了 の支払クレジット メモ

支払期日

  • はじめに
  • Default Due Dates
  • 関連情報
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.