Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

SAP Connector for AppOne に属性を追加する

メモ: このガイドの情報は、 SAP Purchase-to-Pay Connector for AppOne および SAP Order-to-Cash Connector for AppOne に適用されます。

はじめに

SAP Connector では、既定で複数の属性が定義されています。 他の属性を使用する場合は、SAP コネクタに追加できます。 Case IDであるエンティティに新しい属性を追加すると、属性が case 属性として機能します。属性を追加するには、このガイドの手順に従います。

属性の追加

  1. 属性が属するエンティティと、属性がヘッダー レベルとアイテム レベルのどちらに保存されるかを決定します。
  2. Globals テーブルの式 TABLE attributes 変更して、表から抽出するフィールドを拡張します。以下の画像に例を示します。


  3. 1 の該当する入力テーブルを右クリックします 。[入力 ] を選択して [再読み込み] を選択します。 新しい属性がテーブルアイテムリストに追加されます。 以下の画像に例を示します。



  4. 新しい属性をダブルクリックして [データソースの属性を編集] ダイアログを開き、[ 属性] タイプを選択します。

    • フィールドの値がテキストの場合は、[属性の 種類][テキスト]に設定します。

      メモ: 識別子の値が整数として解析されることがあります。そのため、先頭のゼロが削除されるなどの問題が発生します。
    • 日付の値の場合は、[属性の 種類][日付 ] に設定し、日付形式が入力データと一致することを確認します。 SAP では、利用できない日付値は通常 0000000 として保存されます。 必要に応じて、データソースフィールドの NULL 値にその値を 設定できます。
  5. 2 のエンティティ テーブルをクリックします この新しい属性が追加されるエンティティ フォルダーです。 テーブルの項目のリストで、新しい属性を右クリックして [ Availability - Private] を選択します。
  6. 2. 新しい属性に意味のある名前のエンティティ テーブルを与える式を作成します 。エンティティ フォルダー
  7. この新しい属性が 2 つの別のエンティティ テーブルにも表示される場合。 エンティティ フォルダーで、属性を使用しない場合は [ 使用可否 ] を [非表示] に設定します。
  8. エンティティ テーブルは Entity relationsで使用されるため、新たに作成された式はフォルダー 3 のテーブルで使用できます 。イベント ログの作成 - Entity relations です。 フォルダー 3 の表で、新しい式の [使用可能性 ] を [ 非表示 ] に設定します 。イベント ログの作成 - 後 で和集合に問題が発生しないようにする Entity relations です。
  9. 3 つのフォルダーの表で、新しい式を使用できます 。イベント ログの作成 - イベント 属性を範囲としてイベントを生成するか、イベントの詳細式を更新します。
  • はじめに
  • 属性の追加

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.