Process Mining
2021.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

よくある質問

全般

アプリケーション コード

Q: アプリケーション コードはどこで確認できますか?

A: アプリケーション コード (モジュール コードとも呼ばれる) は、リリース済みのアプリまたは開発環境で確認できます。

  1. リリース済みのアプリ内でアプリケーション コードを見つけるには、以下の手順に従います。

    手順

    操作

    1

    Web ブラウザーでリリース済みのアプリを開きます。

    2

    アドレス バーの URL を見つけます。

    アプリケーション コードは、 module=optionの後の部分です。 以下の画像で例をご確認ください。


    上の例では、アプリケーション コードが ProcessMiningで、モジュール名は Process Mining です。 モジュール名はリンクには表示されませんが、これは Superadmin の [Released Data] タブで確認できます。
  2. 開発環境でアプリケーション コードを見つけるには、以下の手順に従います。

    [ モジュール ] ダイアログでは、新しいモジュールを追加できます。 既存のモジュールの名前と説明を変更することもできます。

    モジュール ダイアログを表示するには、以下 の手順に 従います。

    手順

    操作

    1

    アプリ開発環境で [ ホーム ] アイコンをクリックします。

    2

    [ Modules...] を選択します。

[ Modules ] ダイアログが表示されます。 以下の画像でご確認ください。



アプリケーション ファイルの種類

Q: .mvp ファイルと .mvtag ファイルの違いは何ですか?

A: 以下の表は、さまざまな種類のファイルについて説明しています。

ファイルの種類

説明

.mvp

コネクタ、アプリ、ディスカバリー アクセラレータの編集可能なファイル形式です。

.mvp Process Mining 開発環境でファイルを編集して、コネクタ、アプリ、またはディスカバリー アクセラレータの新しい (カスタマイズされた) バージョンを作成できます。

.mvtag

リリース済みバージョンのコネクタ、アプリ、またはディスカバリー アクセラレータで使用されるファイル形式です。 .mvtag ファイルは、コネクタ、アプリ、またはディスカバリー アクセラレータの新しいバージョンのリリース時に作成され、編集することはできません。

Releases タブ」をご覧ください。

Data Load

ライブ データ

Q: プラットフォームはライブ データをサポートしていますか?

A: UiPath Process Mining は、アプリケーションがライブ テーブルでエンド ユーザーによって開かれた時点で、データを読み取ることができます。 また、アクションがトリガーされたときにデータを読み取ることができます。 ただし、考慮すべき点がいくつかあります。

  • リアルタイムのデータ読み込みでは、データが事前キャッシュされないため、多くの依存関係がエンド ユーザーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります (ダッシュボードを開くだけでなく、ダッシュボードの計算)。
  • ユーザーがアプリケーションを開くたびに、運用システムに負荷が発生します。
  • エンドユーザーは、レポートを実行した時間に応じて、さまざまな結果が表示される可能性があります。

これらの問題を回避するために、1 時間に 1 回の間隔を意味する可能性のある、近い時間アプローチを取ることができます。 ただし、お客様は主に毎日の間隔を選択する必要があります。

ライブ データの使用は、これが絶対に必要な場合にのみお勧めします。

ライブ データ テーブルがある場合、このテーブルと、このテーブルに依存する任意のテーブルのキャッシュを使用するプラットフォームが無効化されます。 これにより、アプリケーションのパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。

また、ライブ データ クエリは、エンドユーザーがアプリケーションにログインしたときにデータベース上で実行されます。 クエリやエンドユーザーの数によっては、データベースに重大な負荷をかける可能性があります。

増分データ読み込み

Q: プラットフォームでは増分データ読み込みをサポートしていますか?

A: いいえ、UiPath Process Mining では増分データ読み込みをサポートしていません。 「 データ読み込み: 増分読み込み」を参照してください

Data Refresh Interval

Q: UiPath Process Mining がデータを更新する頻度は?

A: これは、ビジネス ニーズと、ソース システムで新しいデータが利用可能になる頻度によって異なります。 このトレードオフは、必要な洞察と運用システムに対する負荷の間です。

ユース ケースによっては、運用環境のシステムへの影響を最小限に抑え、すべてのユーザーに 1 日中同じ結果が表示されるようにするために、夜間にデータが更新される場合があります。 しかし、一部の組織では、データを 1 か月間維持して詳細な分析を行うために、期間を長く設定する必要があります。

ファイル サイズの制限

Q: データソースファイルのサイズ制限はありますか?

A: ワークスペース内のファイルの最大サイズは 10 MB です。 ファイル サイズが大きい場合は、ワークスペースのスコープ外でのみサポートされ、Git にコミットされません。 [ 高度な -> テーブル オプション] の [テーブル スコープ][Server] に設定されています。 [Server Settings] の [ServerScopePath ] 設定 を使用して、データソースファイルへの相対パスを指定できます。

データのアーカイブ

Q: UiPath Process Mining ではデータの アーカイブがサポートされていますか?

A: リリース管理システムを使用することで、以前のバージョンにいつでもロールバックできます。 保持する古いバージョンの数は、組織によって設定できます。 この問題は、データの問題が発生した場合に必要になる可能性があります。 ただし、 UiPath Process Mining をデータのアーカイブに使用する、プライマリ データ ストレージにしないでください。 データを長期保持するには、他のシステムを使用する必要があります。

入力ファイルの種類

Q: どのような種類の入力ファイルがサポートされますか?

A: UiPath Process Mining プラットフォームは、.txt、。Csv 。Tsv 区切り文字や引用符を選択できるファイルを使用できます。 ASCII テキスト ファイルは、Latin-1 (ISO-8859-1) によるエンコードに対応しており、UTF-8 ファイルは、BOM の有/無のいずれもサポートされています。

UiPath Process Mining プラットフォームは、両方の Excel ファイルもサポートしています。XLSX ファイルと .XLS ファイルをインポートできます。ファイル内のシートまたは範囲を指定できます。 シートについては、実際のデータ範囲に対する自動検出が実行されます。これに失敗した場合は、Excel で範囲を指定してから使用する必要があります。 Excel 内では Unicode に完全に対応しています。

XES 入力ファイル

Q: プラットフォームは XES 入力ファイルをサポートしていますか?

A: はい、UiPath Process Mining は公式に認定された XES サポート プラットフォームです。 XES が必要な場合は、XES ファイルの読み込みに使用できるデータ スクリプトを使用できます。

セキュリティ

インポートされたデータを保護する

Q: インポートされたデータが無許可操作から保護されるようにするにはどうすればよいですか?

A: UiPath Process Mining プラットフォームのセキュリティは、定期的にテストされています (OWASP ZAP、OpenVAS などのツールを使用)。セキュリティを向上するには、VPN トンネルを使用してプラットフォームへのアクセスを制限することを常に推奨しています。セキュリティを常に最新の状態に保つよう、リスク分析が定期的に行われています。UiPath では、OWASP テスティング ガイド 4 を使用しています。UiPath Process Mining プラットフォームの外部のセキュリティは、サーバー自体のセキュリティによっても異なります。サーバー自体のセキュリティは、ホスティング パーティの責任です。

データの保護

Q: UiPath Process Mining が データを処理する際、データはセキュリティで保護されたストレージに保存されるか、暗号化されて不正な知識から保護されますか?

A: UiPath Process Miningによってデータが処理されると、データは独自のファイル形式で保存されます。これらのファイルは暗号化され、 UiPath Process Mining ソフトウェアでのみ読み取ることができます。 プラットフォーム自体では、特定のデータへのアクセスをユーザーごとに制限できます。つまり、 ユーザーに表示が許可されているデータのみを表示できます。

メモ: これはエンドユーザーにのみ適用されます。 開発者はデータへのアクセスに無制限にアクセスできます。

ログ ファイルの保護

Q: ログ ファイルはどのように不正な変更や削除から保護されますか?

(ログ データに対して十分な大きさのバッファが提供されており、ストレージ容量が少ない/出力している場合に警告メッセージを設定できるか)

A: UiPath Process Mining では、ディスク上のファイルの変更に対する保護は提供されません。 誰かがサーバー自体にアクセスできる場合、ディスク上のログ ファイルを変更できます。 サーバーの監視はホスト パーティの責任です。

暗号化アルゴリズム

Q: 保存中のデータを暗号化するために、特定の暗号化アルゴリズムと強度を利用しているのは何ですか?

A: UiPath Process Mining プラットフォームでは、すぐに使えるデータが暗号化されません。データ ディスクの暗号化は、ホスト パーティの責任です。 BitLocker の使用をお勧めします。

パスワードのストレージ

Q: ユーザー パスワードはどのように保存されますか?

A: パスワード フィールドは、ハッシュ関数を使用して暗号化されます。 擬似ランダム関数として、10000反復処理としてHMAC-SHA512を用いたPBKDF2、塩と一緒に使用される。

塩は、ハッシュ関数の入力を拡張するために使用されます。 この塩は固定部分 (アプリケーション固有) と 128 ビットのランダム生成塩から構成され、データベースに格納されます。 ランダムなシードは、セッションでアプリケーションを初期化するときに生成されます。

暗号化ハッシュ機能が使用されるため、暗号化キーは不要です。 ハッシュ関数では初期化ベクトルが使用されません。

署名済みビルドを検証する

Q: ビルド ファイルが UiPathによって署名されていることを確認するにはどうすればよいですか?

A: SignTool を使用して、ビルド ファイルが UiPath によって署名されていることを確認できます。

ダウンロードした <build>.exe ファイル (たとえば、SignTool を使用 UiPathProcessMining-21.4.exe ) を確認するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

SignToolをダウンロードしてインストールします。

2

Open a Command Prompt.

3

次のコマンドを実行します。

SignTool verify /pa /v <path to build>.

4

出力を確認します。 以下の点をご確認してください。

  • エラーがない
  • 署名証明書チェーンに UiPathが含まれる。

以下の画像で出力例をご確認ください。



詳細については、 SignTool に関するマイクロソフトのドキュメントを参照してください。

ユーザーのアクセス権

Named User アカウント

Q: Active Directory ユーザーと Named User アカウントを組み合わせることができますか?

A: LDAP を使用する横に Named User アカウントを追加できます。 これらのユーザー アカウントは、特定の IP アドレスに制限することもできます。 これらのアカウントで 2 要素認証 (TOTP) を有効化することもできます。

LDAP ポート番号

Q: LDAP に異なるポート番号を定義できますか?

A: 既定では、プラットフォームは既定の LDAP ポート番号を使用します。 別のポート番号を使用できます。 次のように URL でポート番号 (ポート 123 など) を指定できます。

ldap": {
    "url":             "ldap://PROCESSMININGTEST.pmtest.local:123",
    "base":            "DC=pmtest,DC=local",
    "bindDN":          "PMTEST\\testuser",
    "bindCredentials": "Passw0rd!",
}ldap": {
    "url":             "ldap://PROCESSMININGTEST.pmtest.local:123",
    "base":            "DC=pmtest,DC=local",
    "bindDN":          "PMTEST\\testuser",
    "bindCredentials": "Passw0rd!",
}

ブルートフォース保護

Q: UiPath Process Mining ではブルートフォース保護を提供していますか?

A: はい、 UiPath Process Mining ではログイン試行の回数が制限されています。

エンドユーザーのアクセス権

Q: UiPath Process Mining プラットフォームをユーザーが利用できるようにするにはどうすればいいですか?

A: インターネット上でユーザーがプラットフォームを利用できるようにするには、IIS のサイトを利用可能にします。 IT 部門に相談して支援を受けてください。 以下の手順を実行する必要があります。

  1. サイトの (サブ) ドメイン名を作成します。
  2. 対象のドメイン名に対する SSL 証明書を取得し、UiPath Process Mining サーバーにインストールします。(特定の IIS バージョンの SSL 証明書を要求およびインストールする方法については、SSL 証明書の発行者が提供するドキュメントをご覧ください。)

    メモ: IT 部門は、会社のドメイン名に対するワイルドカードの SSL 証明書を既に持っている可能性があります。
  3. IIS でサイトの HTTPS バインドを作成します。 SSL バインドの作成方法の詳細な説明については、 Microsoft の公式ドキュメントをご覧ください。
  4. ネットワークが適切に設定されていることを確認します。

    • ドメイン名が UiPath Process Mining サーバーを示している。
    • UiPath Process Mining サーバーとの HTTPS トラフィックの送受信が許可されている。

データベース接続

データベース接続

Q: データベース接続の設定方法

A: UiPath Process Mining プラットフォームは、ODBC によるデータベース アクセスをサポートしています。ODBC は、Windows 上のデータベースにアクセスする標準化された方法であり、次の 2 つの部分で構成されています。

  1. データベースに適切なドライバーをインストールする必要があります。 UiPath Process Mining プラットフォームは 64 ビット版しかないので、64 ビット ODBC ドライバーが必要です。
  2. データベースへのアクセス方法に関する情報を含む DSN (データ ソース名) を設定し、アプリケーションがデータベースへのアクセスに使用できる名前を指定する必要があります。 DSN はシステム DSN であるか、プラットフォームの実行に使用するユーザーに対して作成されている必要があります。

    メモ: JDBC と ODBC は異なる標準です。 ほとんどのデータベースには JDBC ドライブと ODBC ドライブの両方が含まれていますが、 UiPath Process Mining プラットフォームでは ODBC のみがサポートされています。

ODBC DSN

Q: ODBC DSN はプラットフォームから使用できません。 どうしたらいいでしょう。

A 64 ビット ODBC ドライバーを使用していて、その DSN がシステム DSN であるか、適切なユーザーに対して設定されていることを確認してください。

サポートされているデータベース

Q: サポートされるデータベース

A: 64 ビット ODBC ドライバーを介してアクセスできる、すべてのデータベースを使用できます。

コネクタ

繰り返しループ

Q: コネクタを構築すると、プロセスには自身とループするアクティビティのみが含まれます。 つまり、これは何ですか?

A: 予期しない結果になる場合は、入力ファイル内の [ケース ID] を確認する必要があります。 ケース ID が一意ではないことがあります。 この場合、正しいケース ID を検出できず、一意ではないケース ID を持つすべてのアクティビティが複数回発生します。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.