Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

汎用スクリプトのデータソースを使用する

はじめに

UiPath Process Mining は、R スクリプト、Python、JavaScript、Ruby、Swift などの外部ツールでデータを処理する機能をサポートしています。データソースとしてアプリケーション内で使用できます。

アプリケーション開発者は、外部プロセスにエクスポートする必要がある属性を定義できます。

メモ: 外部プロセスで使用できるのは、明示的に外部処理に使用できる属性のみです。

外部ツールを使用したデータの処理

概要

データソースを再読み込みすると、 UiPath Process Mining プラットフォームによって、定義済みの属性がファイルに出力されます。 その後、プラットフォームは、開発者が指定した引数を使用して外部プロセスを実行します。

外部プロセスは、ファイルからデータを読み取り、その結果を標準出力チャネルに書き込むことによって、その処理を行う必要があります。 外部プロセスは、標準エラー・チャネルに書き込むことで、進行状況指示、警告、エラーなどのメッセージを表示できます。

外部プロセスの標準出力チャネル上のデータは、 UiPath Process Mining プラットフォームによってセミコロンで区切られたデータおよび二重引用符で囲まれたデータとして解釈されます。

下の図は、UiPath Process Mining プラットフォームから外部プロセスまでのデータ フローの概要を示したものです。その後、再度データ フローを確認できます。



汎用スクリプトのデータソース

このデータソースでは、mvscript ドライバーが使用されます。これはつまり、これがスクリプトのデータソースであることを意味します。 mvscript ドライバーが使用する script パラメーターは、汎用スクリプトを参照します。たとえば、次の接続文字列です。

‘driver={mvscript}; script=Rscript’

Rscript のデータソースを参照します。

このガイドでは、これらのデータソースを汎用スクリプトのデータソースと呼ガイドします。 原則として、「汎用」スクリプトはスクリプトをサポートするだけではなく、引数の適切な組み合わせを指定した実行可能ファイルもサポートします。

  • ファイルからデータを読み取ることができる
  • その結果をセミコロンで区切られたデータおよび二重引用符で囲まれたデータとして出力する。

ただし、汎用スクリプト のデータソースの主なターゲットは、R や Python などで書かれたカスタム スクリプトを実行することです。

サーバーの設定

汎用スクリプト・データソースを使用する前に、 サーバー設定で使用可能なハンドラーを構成する必要があります。 これを行うには、[ Server Settings]GenericScriptHandlers キーを追加します。このキーの値は、次のオブジェクトです。
  • 各キーは、スクリプトの種類の識別子を示します。
  • 各キーの値は、スクリプトのインタープリター実行可能ファイルへのパスを表します。
識別子には、任意の文字列を使用できます。 ただし、 UiPath Process Mining プラットフォームはスクリプト ファイルの拡張子から正しいハンドラーを自動検出しようとするため、スクリプト ファイルの拡張子を使用することをお勧めします。 以下に、 GenericScriptHandlers サーバーの設定の例を示します。
"GenericScriptHandlers": {
    "r": "D:/R/R.exe",
    "py": "P:/Python/bin/python.exe",
    "perl": "C:/Strawberry/perl/bin/perl.exe"
}"GenericScriptHandlers": {
    "r": "D:/R/R.exe",
    "py": "P:/Python/bin/python.exe",
    "perl": "C:/Strawberry/perl/bin/perl.exe"
}

拡張子 '.r' と '.py' を含むキーによって、R と Python の実行可能ファイルが自動的に選択されます。

メモ: 通常、拡張機能 '.pl' を持つ Perl スクリプトの場合、自動検出では "perl" ハンドラーは選択されません。 この場合、必要なハンドラーを識別するために、高度なクエリ パラメーター scriptType を指定できます。

権限

Microsoft を実行する Windows ユーザー (例: IIS_IUSRS) は、スクリプト ハンドラーから参照される実行可能ファイルを実行するための適切な権限を持っている必要があります。 そうしない場合、実行可能ファイルが見つかりません。

データ ソース

汎用スクリプトのデータソースを設定するには、 generic スクリプトで mvscript ドライバーを使用する接続文字列テーブルを作成する必要があります。汎用スクリプトにはいくつかのパラメーターがあり、通常は scriptFile パラメーターと inputData パラメーターのみを指定する必要があります。残りは UiPath Process Mining プラットフォームによって推測できます。

パラメーターの概要

次の表で、スクリプトの generic パラメーターの概要を示します。

パラメーター

説明

必須 Y/N

scriptFile

スクリプトへのパスです。 たとえば、 resources/my_script.rします。
注: scriptFile 引数の代わりに scriptText 引数も使用できます。

n

スクリプトの種類

scriptFileに使用するハンドラーです。 GenericScriptHandlersでのハンドラーの 1 つである必要があります。

n

入力データ

処理のためにスクリプトに渡される必要のあるデータ。

Y

debugPath

フォルダーへの絶対パスです。 このパラメーターを指定すると、 UiPath Process Mining によって以下が出力されます。

• 入力ファイル (外部プロセスに渡される)

• 外部プロセスの出力 (外部プロセスの標準出力から読み取るように)

デバッグ目的でこのフォルダーに保存されます。

n

args

スクリプトのハンドラーに渡す追加の引数の配列です (例: Python を使用する場合)。このオプションを使用して -I フラグを渡し、分離モードを有効化できます。

• 1 つ以上の配列要素には、コマンド ライン上の場所を示す <SCRIPT> テキストを指定する必要があります。スクリプト ファイルへのパスを挿入します。
• 少なくとも 1 つの配列要素は、コマンド ライン上の場所を示す <INPUT> テキストである必要があります。入力ファイルへのパスを挿入します。

n

テーブルの範囲

スクリプトの場所は、表のスコープを基準として解釈されます。 テーブルのスコープを [サーバー ] または [Workspace]に設定する必要があります。 [なし]に設定すると、スクリプト ファイルへのパスが存在せず、データの読み込みが失敗します。表のスコープは、[ 高度な表] オプションで設定できます。

データ

データは、受信外部プロセスに最も便利な方法でエクスポートできます。

外部スクリプトで処理するデータをエクスポートするには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

スクリプトで使用できる必要があるフィールドを決定します。

2

アプリケーション内に新しいグローバル テーブルを作成します。

3

手順 1 の各フィールドのグローバル テーブルに検索式属性を作成します。

メモ: その後、この表をエクスポートして、スクリプトが読み込むことができます。 csvtable() 関数を使用すると、データを CSV 形式に変換できます。この関数は、(テキスト) レコードのリストが検索式の結果の型をテキストのリストである必要がありますを求めます。つまり、リスト内でエンコードされたすべてのデータを含む 1 つのレコード。

API インターフェイス

UiPath Process Mining と汎用スクリプトのデータソースからアクセスされる外部プロセスのインターフェイスは、以下で説明するように定義されます。

手順

説明

1

UiPath Process Mining は、 inputData パラメーターで指定したデータを含むファイルを作成します。

2

外部プロセス

• ファイルからデータを読み取る

• その処理を実行します。

• 結果を標準出力チャネルにセミコロンで区切った形式と二重引用符で囲んで書き込みます。

1 行目の出力は、列名を指定するヘッダーになるはずです。 例えば:

"Case_ID"; "Amount"

"110553"; "73650"

"110565"; "14420"

"110689"; "262370"

"110754"; "3500"

"110939"; "50270"

"111155"; "2400"

"111251"; "27530"

"111251"; "27530"

"111397"; "123450"

"111418"; "100"

3

外部プロセスは、任意のステータス メッセージをその標準エラー チャネルに書き込みます。

4

外部プロセスが、ゼロのステータス コード、成功を示す、または非ゼロのステータス コードで終了し、失敗を示します。

5

UiPath Process Mining は 、外部プロセスから返されたステータス コードを評価します。

ステータス コードが次の場合:

• ゼロ、プラットフォームによって外部プロセスの標準出力チャネルがセミコロンで区切られたデータおよび二重引用符で囲まれたデータとして解析されます。

• ゼロ以外の場合、外部プロセスによって標準エラー チャネルに書き込まれたメッセージを含むエラー メッセージが表示されます。 表の読み込みが中止されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.