Process Mining
2021.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Process Mining
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月25日

CSV ファイル経由でデータを読み込む

メモ: このガイドの情報は、 SAP Purchase-to-Pay Connector for AppOne および SAP Order-to-Cash Connector for AppOne に適用されます。

はじめに

SAP コネクタを使用し、 .csv ファイルを介して読み込まれたデータを使用する場合は、SAP コネクタで設定する必要があります。
SAP Connector から csv ファイルにアクセスするには、[ Superadmin Server data ] タブでファイルをアップロードする必要があります。

SAP Connector for .csv を設定する 入力

データを正しく読み込むには、SAP コネクタで次の設定を指定する必要があります。

SAP の設定

説明

CSV Data path

.csv ファイルが保存されている場所を示すサーバー データのデータ パスです。たとえば、O2C/ フォルダーに存在するすべてのファイルを示す場合は O2C です。

CSV Suffix

既定では、テーブルの名前を確認して入力ファイルを読み取ります。場合によっては、サフィックス (最大 2 桁) が含まれます。 入力ファイルの名前に一致しない場合は、このサフィックスを設定で変更できます。

注: これは任意の設定です。

CSV ファイルの設定

ファイル設定: 既定では、ファイル設定はコンマで区切り文字、2 重引用符は 2 重引用符で囲まれます。 これは、設定で必要に応じて変更できます。

注: これは任意の設定です。

SAP コネクタで SAP 接続の設定を入力するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

入力の種類が .csv ファイルを使用するように設定されていることを確認します。 詳しくは、「 データを読み込む」をご覧ください

2

開発環境で SAP コネクタを開きます。

3

[ データ ] タブに移動し、 Connector_settings テーブルを選択します。

4

[CSV 設定] フォルダーで式を編集し、正しい値を入力します。

以下の画像でご確認ください。



メモ: 指定した設定は、 CSV Connection string 式で使用されます。

CSV 入力ファイルの要件

  • 入力テーブルごとに別々の .csv ファイルが必要です。
  • .csv ファイルの名前は、テーブルの名前と同じである必要があります。たとえば、受注の場合、 VBAK.csv ファイルと VBAP.csv ファイルが必要です。
  • 列名は、SAP の技術フィールド名と同じである必要があります。 たとえば、 VBAK テーブルの営業組織の場合、VKORG 列が必要です。
  • .csv ファイルの区切り文字はコンマ ',' である必要があります。
  • .csv ファイルの引用符は二重引用符 ("") である必要があります (「」は、二重引用符を使用したエスケープ引用符です)。
  • .csv ファイルの日付の値は、 YYYYMMDD形式である必要があります。
  • .csv ファイルの時刻の値は、 hhmmss形式である必要があります。

マルチファイル

1 つのテーブルに複数の .csv ファイルを使用できます。 この場合、ファイルの名前は、ファイルにデータが含まれるテーブルの名前で始まり、その後に最大 2 桁の数字が続きます。 たとえば、 VBAK のデータは、 VBAK2.csvなどの名前を持つ複数の .csv ファイル VBAK1.csv保存できます。したがって、 VBAKの場合、O2C コネクタは最大 VBAK99.csv VBAK1.csv 入力ファイルを読み込みます。

トラブルシューティング

警告: "空の列名が含まれています..."

警告メッセージ「Empty column names in... (列名が空である...)」SAP コネクタが .csv ファイルの列を正しく読み取れない場合に表示されます。 .csv ファイルには正しい引用符を使用してください。引用符は「"」である必要があります。

不明な値

値がない場合は、 フル スキャンを実行してください。 おそらく、入力の書式が間違うためにエラーとして返される値もあります。 スキャン出力の例は、以下の画像でご確認ください。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.