Process Mining
2021.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2023年9月21日

履歴グラフ

はじめに

履歴グラフを使用すると、期間別にデータを分割して経時的な傾向を示すことができます。

履歴グラフにデータを追加する

履歴グラフでは、X 軸にどの属性の値を表示するかを選択します。 Y 軸は、変数値を表示するために使用します。 既定では、Y 軸に表示されるメトリックはレコード数です。 別の値を表示する場合は、値を計算するためのメトリックを作成し、[メトリック] ドロップダウン リストから値を選択して Y 軸で メトリック を使用する必要があります。

履歴グラフにデータを追加するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

グラフをクリックして選択し、[ Chart ] タブに移動します。

2

X 軸 の横 none アイコンをクリックし、表の項目のリストから属性または期間フィルターを選択します。
メモ: 属性を選択する場合は、 Date、Time、または Date+Time型である必要があります。

3

表の項目リストに新しいメトリックを作成します。

4

[ メトリック ] の横にある none をクリックし、ドロップダウン項目のリストからメトリックを選択します。
メモ: [メトリック] ドロップダウン リストには、表で定義されているメトリックとセレクターのみが表示されます。

以下の画像で例をご確認ください。



メモ: X 軸に期間フィルターを選択すると、選択した期間のすべてのデータが表示されます。 属性を選択すると、すべてのデータが表示されます。

値を切り替える

エンドユーザーがグラフ内の異なる値に切り替えた場合、さまざまなメトリックを作成し、メトリック セレクターに追加できます。 その場合、[ ] ドロップダウン リストからメトリック セレクターを選択し、ヘッダー コントロール パネルにメトリック セレクターを追加します。

グラフを分割する

列と行を追加して、履歴グラフのデータを分割できます。 [グリッド ] パネルの [ ] ドロップダウン リストから属性を選択し、選択した属性によってデータを分割し、その情報をさまざまな履歴グラフに表示します。以下の画像で例をご確認ください。



上の例では、データは国ごとに分割されています。 各国ごとに異なる履歴グラフが表示されます。 [ ] ドロップダウン リストから属性を選択して、グラフを複数の行で垂直に分割することで、さらにディメンションを追加できます。 以下の画像でご確認ください。



既定では、列幅は自動的に決定されます。 表の項目の幅を定義できます。これは、テキスト値が大きい表の項目に役立ちます。 「 表の項目について」をご覧ください

メモ: [ ] に属性値を定義した場合にのみ、行を追加できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.