通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

リリースをデプロイする

はじめに

📘

注:

このガイドでは、環境が 1 つだけであると想定しています。

リリースをデプロイするには、以下の手順に従います。

  1. リリースがデプロイされるサーバーでそのリリースを利用できない場合は、最初に取得しておく必要があります。リポジトリからリリースをインポートするか、リリースをアップロードします。
    さらに、リリースで使用するビルドをサーバー上でまだ利用できない場合は、利用できるようにする必要があります。
  2. リリースがアクティブ化されます。リリースが初めてアクティブ化される場合は、既定のユーザー アクセス権を設定する必要があります。
  3. リリースが初めてデプロイされる場合は、ユーザー アクセス権を設定する必要があります。

リリースをアップロードする

開発者が .mvtag ファイルとして利用可能にしたリリースは、アップロード オプションを使用するか、リリース ファイルを [Superadmin Releases] タブ上にドラッグすることによって、サーバーにアップロードできます。
リリースをアップロードするには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Releases tab.
2Click on the menu icon in the top-left and select Upload a release to this server….
3Drag the desired release file onto the Upload File dialog or browse for it on your computer.
4Click on OK.

📘

注:

対象のリリース ファイルを [Releases] タブにドラッグすることもできます。

これで、アップロード済みのリリースがリリースのリストに表示されます。

リリースをインポートする

既存のリリースをリポジトリからインポートできます。

リポジトリからリリースをインポートするには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Releases tab.
2Click on the menu icon in the top-left and select Import a release from the repository….
3Select the repository that contains the desired release.
4Select the branch that contains the desired release.
5Select the desired release.
6Click on IMPORT.

これで、インポート済みのリリースがリリースのリストに表示されます。

ビルドをアップロードする

リリースをアクティブ化するには、リリースで使用されるビルドがサーバー上で利用可能でなければなりません。リリースで使用されているビルドは、[Releases] タブの [Build] 列に表示されます。まだビルドが利用可能でない場合は、必要なビルドを [Builds] タブでアップロードできます。ビルドは開発者が提供する必要があります。

ビルドをアップロードするには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Builds tab.
2Click on the menu icon in the top-left and select Upload build….
3Drag the desired build file onto the dialog or browse for it on your computer and click on OK.
4Right click in the list on the build that has been uploaded and select Activate as Superadmin.

📘

注:

対象のビルド ファイルを [Builds] タブにドラッグすることもできます。

これで、アップロード済みのビルドがアクティブ化され、ビルドのリストに表示されます。

See: The Builds Tab.

リリースをアクティブ化する

リリースをアクティブ化すると、ダイアログが表示されます。以前のアクティブなリリースに存在しないモジュールは、緑色で強調表示されます。
これらの新しいモジュールの既定のアクセス権を以下のように設定できます。

  • すべてのユーザー: 現在のユーザーと将来のユーザーがすべて自動的にモジュールにアクセスできます。
  • ユーザーなし: 現在のユーザーも将来のユーザーも、最初はモジュールにアクセスできません。モジュールに対して個々のユーザー権限を設定する必要があります。

以前にアクティブだったモジュールの名前や説明に対する変更は、オレンジ色で強調表示されます。
以下の画像でご確認ください。

551551

リリースをアクティブ化するには、以下の手順に従います。

StepAction
1Go to the Superadmin Releases tab.
2Right click on the release that is to be activated.
3Select Make active on - production.
4Select the desired default access for new modules, if any.
5Click OK.

[Active on] 列には UiPath Process Mining のリリース直前に「production」と表示されます。このリリースは、キャッシュが生成されると、適切なアクセス権を持つユーザーによってアクセスできるようになります。

See: The Releases Tab.

リリースの自動デプロイ

以下のコマンドラインの機能を使用して、リリース パイプラインを自動化できます。

  • ImportRelease: ローカル ファイルまたは Git リポジトリからリリースをインポートします。
  • ActivateRelease: リリースをアクティブ化します。

これらのコマンドをバッチ スクリプトで使用すれば、新しいバージョンを別の (運用) 環境に自動的にリリースできます。たとえば、インストール済みの UiPath Process MiningBuilds フォルダーで利用可能な processgold.bat スクリプトがあります。

3 日前に更新

リリースをデプロイする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。