アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

範囲に書き込み (ワークブック)

UiPath.Excel.Activities.WriteRange

DataTable 型変数のデータを、[開始セル] フィールドで指定したセルを開始点としてスプレッドシートに書き込みます。開始セルを指定しない場合は、A1 セルからデータを書き込みます。シートが存在しない場合は、[シート名] フィールドの値を使用して新規のシートが作成されます。指定した範囲内のセルはすべて上書きされます。変更はすぐに保存されます。

プロパティ

共通

  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
ターゲット
  • シート名 - 書き込む範囲が含まれるシートの名前です。既定では、これは "Sheet1" に設定されています。String 型変数と文字列のみがサポートされます。
  • 開始セル - データの書き込みを開始するセルです。文字列と String 型変数のみがサポートされます。

    注: 文字列は引用符で囲む必要があります。
入力
  • データ テーブル - DataTable 型変数として、指定した範囲に書き込むデータです。DataTable 型変数のみがサポートされます。
  • ブック パス - 使用する Excel スプレッドシートのフル パスです。使用する Excel ファイルがプロジェクト フォルダーにある場合は、相対パスを使用できます。String 型変数と文字列のみがサポートされます。
    注: ファイルへのパスを指定する代わりに、データ マネージャーからプロジェクトをファイルに接続し、[ブック] プロパティを使用してそのファイルを参照すると、同じファイルで複数の「ブック」系アクティビティを使用する場合に、実行時のパフォーマンスを向上させることができます。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション
  • ヘッダーを追加 - オンの場合は、指定した範囲に列見出しも書き込まれます。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。
  • パスワード - Excel ブックのパスワードです (必要な場合)。String 型変数と文字列のみがサポートされます。
ブックを使用する
  • ブック - プラス記号 のメニューからブックのリソースを選択します。データ マネージャーからブックに接続して Excel ファイルをリソースとして追加した場合に使用できます。

    ブックのリソースを追加し、そのリソースを複数の「ブック」系アクティビティで参照すると、操作のたびにファイルがメモリに再読み込みされなくなります。このため、特に大きなファイルを処理する際の実行時のパフォーマンスが向上します。詳しくは、「データ マネージャーを使用する」をご覧ください。

  • プロパティ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.