アクティビティ
最新
Excel プロセス スコープ - その他 - 最新
Banner background image
ロゴ
生産性を高めるアクティビティ
最終更新日 2024年2月16日

Excel プロセス スコープ

UiPath.Excel.Activities.ExcelProcessScopeX

Excel プロセスを開くか再利用し、Excel プロジェクトの設定を読み込んで、関連付けられた Excel ファイルに適用します。このアクティビティでは Excel プロセスの起動方法や既存の Excel プロセスの処理方法を設定できるため、Excel プロセスの管理が容易になります。

ユースケースをいくつか示します。

  • マクロを有効化または無効化します。
  • Excel ファイル間の競合を解決します。
  • 既存の Excel プロセスを終了して競合を回避することができます。
  • プロセス モードを管理します (新規プロセスを開く、既存のプロセスを再利用する、またはユーザーに確認する)。

[Excel ファイルを使用] アクティビティを [Excel プロセス スコープ] アクティビティ内に置いて、既に適用されている特定の設定で Excel ドキュメントを開くことをお勧めします。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション
  • アラートを表示 - 選択すると、Excel でアラートとメッセージを表示できます。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、[プロジェクトと同じ]、[False]、[True] の 3 つのオプションがあります。
  • 既存のプロセスに対するアクション - 別の Excel プロセスが実行されている場合に実行されるアクションです。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、次の 3 つのオプションがあります。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。
    • なし - マシン上の既存のプロセスに関して、何もアクションは実行されません。
    • 強制終了 - ファイルを保存せずに、開いている Excel プロセスを閉じます。
  • ファイルの競合の解決方法 - Excel プロセス間で Excel ファイルの競合が検出された場合に実行されるアクションです。例: Excel ファイルが既に別の Excel プロセスで開いている。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、次の 5 つのオプションがあります。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。
    • なし - アクションは実行されません。
    • 保存せずに閉じる - 保留中の変更を保存せずに、競合している Excel ファイルを閉じます。
    • ユーザーに確認 - ファイルを閉じるよう求めるメッセージが表示されます。
    • 例外をスロー - 例外がスローされます。この例外は [トライ キャッチ] アクティビティで対処できますが、対処しないとワークフローは終了します。
  • 起動方法 - Excel プロセスが COM API によって起動されるか、完全なプロセスとして起動されるかを指定します。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、次の 3 つのオプションがあります。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。
    • オートメーション - Excel がオートメーション API によって起動されます。起動は高速ですが、すべてのアドインが読み込まれるわけではないため、ブックが適切に機能するためにアドインを必要とする場合には問題が発生する可能性があります。
    • アプリケーション - Excel はユーザーが手動で開いたときのように起動し、Excel の読み込み動作があらゆる面で (アドインなど) 保証されます。
  • 起動のタイムアウト - Excel が完全なプロセスとして起動された場合に開始するまでの待機時間 (秒単位) です。既定値は 20 秒です。
  • マクロを設定 - 現在の Excel ファイルのマクロ レベルを指定します。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、次の 4 つのオプションがあります。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。
    • EnableAll - すべてのマクロが有効化されており、実行できます。
    • DisableAll - 指定された Excel ファイルですべてのマクロが無効化されています。マクロは実行できません。
    • Excel の設定を使用 - 現在の Excel マクロ設定を読み取ります。
  • プロセス モード - [Excel プロセス スコープ] アクティビティによる Excel プロセスの管理方法を指定します。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。これは既定値です。
    • 常に新規作成 - 関連するすべてのファイルを読み込むために、常に新しい Excel プロセスが作成されます。
    • 有人オートメーション ユーザー - マシン上に 1 つの Excel プロセスのみが存在するようにします。複数の Excel プロセスが検出された場合、メッセージが表示されます。
    • 存在する場合は再利用 - 最初の [Excel ファイルを使用] アクティビティの実行時に、開いている Excel プロセスを検索して、ファイルが既に開いているかどうか確認します。開いているファイルが見つかった場合、そのプロセスは Excel プロセス スコープに関連付けられます。別の開いているファイルが見つかった場合は、[ファイルの競合の解決方法] の設定が適用されます。
    • 存在する場合のみ - 最初の [Excel ファイルを使用] アクティビティの実行時に、開いている Excel プロセスを検索して、ファイルが既に開いているかどうか確認します。開いているファイルが見つかった場合、そのプロセスは Excel プロセス スコープに関連付けられます。開いているファイルが見つからなかった場合、例外がスローされます。
  • Excel ウィンドウを表示 - 選択すると、オートメーションの実行中に Excel ウィンドウが表示されます。既定値は [プロジェクトと同じ] です。ドロップダウンには、次の 3 つのオプションがあります。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] と同じ設定を適用します。
    • False - プロジェクトによって Excel ファイルがバックグラウンドで開き、ウィンドウは非表示になります。
    • True - プロジェクトによって Excel ファイルが開き、ユーザーに対してウィンドウが表示されます。
  • プロパティ
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.