アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

繰り返し (各メール)

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Mail.ForEachEmailConnections

説明

フィルター条件に一致する各メールに対して、このアクティビティ内に配置されたアクティビティを繰り返し実行します。

[繰り返し (各メール)] 内で繰り返すアクティビティを追加し、アクティビティを設定するときに、[その他を表示] ボタンのメニューから [変数を使用] > [CurrentEmail] の順に選択して、反復処理で各メールに対してアクションが繰り返されるように指定します。

注: このアクティビティでは、ページネーションを使用して多数の項目を処理し、パフォーマンスの問題を軽減します。このアクティビティでは永続性はサポートされていません。
スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Mail.Read
  • Mail.ReadWrite
  • Mail.Read.Shared
  • Mail.ReadWrite.Shared

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft Outlook 365 コネクション - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • 共有メールボックスを使用 - 共有メールボックスを使用する場合は、トグルをオンに設定します。既定ではオフです。

    • 共有メールボックス - ユーザーまたは共有メールボックスのメール アドレスです。このフィールドは String 型の入力をサポートします。

  • 対象メール フォルダー - メールを格納するフォルダーです。Outlook のフォルダーを参照してフォルダーを選択します。このフィールドは IResource 型の入力を受け入れます。[その他を表示] ボタンのメニューを使用すると、入力モードとして [フォルダー パス] を使用できます。
    • フォルダー パス - フォルダーのフル パスを指定します。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
    • メール フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[メール フォルダー ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • 追加フィルター - メールのフィルター処理に使用する追加の条件です。 フィルター処理がサポートされるフィールドは、[添付ファイル - 名前]、[BCC]、[本文]、[CC]、[カテゴリ]、[日付と時刻]、[送信元]、[受信者]、[件名]、[宛先]、[種類] です。
その他のオプション

オプション

  • メールの上限数 - 返されるメールの最大数です。0 以下の値の値は制限がないことを意味します。このフィールドでは、Int32 型変数と Int32 形式の値がサポートされています。
  • 共有メールボックス - メールの取得元となる、ユーザーまたは共有メールボックスのメール アドレスです。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • サブフォルダーを含む - Boolean 値です。True に設定すると、選択したメール フォルダーのすべてのサブフォルダーが検索対象に含められます。
  • 本文を HTML として返す - Boolean 値です。メールの本文を HTML コードとして返す場合は、True に設定します。プレーン テキストを返す場合は、False に設定します。
  • 未読のみ - Boolean 値です。未読メールのみを対象とする場合は、True に設定します。
  • 添付ファイルがある場合のみ - Boolean 値です。添付ファイルがあるメールのみを対象とする場合は、True に設定します。
  • 重要度 - メールの定義済みの優先度 ([すべて][低][標準][高]) です。
  • 既読にする - Boolean 値です。取得したメールを既読としてマークする場合は、True に設定します。

出力

  • 処理されるメールの数 - アクティビティによって処理されるメールの数です。[繰り返し (各メール)] アクティビティの外で使用できます。これは自動生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。
本文

オートメーションで使用される他のアクティビティを格納するアクティビティの本体です。

注:

API 呼び出しのバッチ処理は、[繰り返し (コレクションの各要素)] 内で次のアクティビティが使用されている場合にサポートされます。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.