アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

会議日時を検索

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Calendar.FindMeetingTimes

説明

Microsoft Graph の FindMeetingTimes API を使用し、開催者と出席者 ([出席者]) の空き時間、および指定した会議開催時刻の範囲 ([期間の開始時刻][期間の終了時刻][会議の長さ]) に基づいて、会議の日時と場所を提案します。

出席者の空き時間を解析すると、アクティビティは、時刻、場所 (該当する場合)、指定した時間範囲で参加できる出席者の配列 ([利用可能な時間帯]) を返します。提案できる時間帯が見つからない場合、アクティビティは理由 ([提案がない理由]) を返すため、必要に応じて時間範囲を変更できます。

注: [会議日時を検索] では、ApplicationIdAndSecret 認証を使用できません。Microsoft Graph の FindMeetingTimes API がアプリケーションのアクセス許可をサポートしていないからです。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ |Windows

構成

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
入力
  • 出席者 - 出席者のメール アドレスの配列です。このフィールドでは String[] 変数のみをサポートします。メール アドレスを 1 つ入力する場合は、{ } で囲み、" " で宣言します (例: {"user1@uipath.com"})。メール アドレスを複数入力する場合は、全体を { } で囲み、各アドレスを " " で宣言し、コンマで区切って列挙します (例: {"user1@uipath.com","user2@uipath.com"})。
  • 期間の終了時刻 - 会議日時の候補を検索する期間の終了時刻です。このフィールドでは DateTime 変数のみをサポートします。既定値は、「[今日の午前 0 時]」です (表示されません)。日付のみ、または日時を入力できます。日付のみを入力した場合、出席者の予定表で指定された稼働時間内に限って検索します。
  • 期間の開始時刻 - 会議日時の候補を検索する期間の開始時刻です。このフィールドでは DateTime 変数のみをサポートします。既定値は、「現在のシステム時刻」です (表示されません)。日付のみ、または日時を入力できます。日付のみを入力した場合、[ポリシー] プロパティで指定された時間内を検索します。
    注:
    • DateTime の値は、MM/DD/YYYY または MM/DD/YYYY 時:分:秒の形式で指定する必要があります (例: 10/31/2019 12:00:00)。
    • 十分に詳細な情報を入力すれば、DateTime 形式は自動的に修正されます。たとえば、10/31/19 3pm と入力した場合、自動的に 10/31/2019 15:00:00 に修正されます。
  • 会議の長さ - 必要な会議の長さを分単位で指定します。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。既定値は 30 分です (表示されません)。
  • タイム ゾーン - [期間の開始時刻][期間の終了時刻] を解釈するタイム ゾーンです。既定値は、「システムのタイム ゾーン」です (表示されません)。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。 このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。
オプション
  • 場所 - 検索対象の複数の会議室または場所が、それぞれの表示名に従って表示されます。空いている場所がない場合は、別の場所が選択されます。このフィールドでは String[] 変数のみをサポートします。リストに示された会議室に空きがない場合、会議時間の提案は返されません。
  • 必須出席者 - 選択すると、そのユーザーは会議の必須出席者になります。 このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。
  • ポリシー - 使用可能な会議時間を検索するときに従う必要のある出席者の制約を指定します。4 つのオプションのいずれかを選択します。

    • 不明 - この値は、今後非推奨となる予定であるため使用しないでください。現在は、[仕事] と同じように機能します。
    • 仕事 - 提案時刻は、ユーザーの就業時間内に限られます。既定の時刻は、月曜日から金曜日の午前 8 時から午後 5 時です。
    • 個人 - 提案時刻は、ユーザーの就業時間および土曜日と日曜日に限られます。既定の時刻は、月曜日から日曜日の午前 8 時から午後 5 時です。
    • 無制限 - 提案時刻に、すべての曜日のすべての時間が含まれます。 既定値は [無制限] です。 ユーザーの就業時間は、予定表の設定で定義され、ユーザーまたは管理者がカスタマイズできます。

出力
  • 利用可能な時間帯 - 会議の時間、予定が空いている出席者、および場所 (必要に応じて) のリストです。このフィールドでは MeetingTimeSuggestion[] 変数のみをサポートします。後続のアクティビティで出力データを使用する予定がある場合は必須です。MeetingTimeSuggestion オブジェクトには、他のアクティビティで使用できる複数のプロパティが含まれます。
  • 提案がない理由 - 会議の提案が返されない理由です。返される値は attendeesUnavailable、attendeesUnavailableOrUnknown、locationsUnavailable、organizerUnavailable、または unknown のいずれかです。会議の [利用可能な時間帯] プロパティに会議の提案が一つも含まれていない場合、このプロパティには空の文字列が入ります。MeetingTimeSuggestion.SuggestionReason によって、提案の理由を確認することも可能です。

動作のしくみ

以下の手順とメッセージ シーケンス ダイアグラムは、設計時 (つまり、アクティビティの依存関係と入/出力プロパティ) から実行時に至るまでの、アクティビティの動作のしくみの例を示したものです。

  1. セットアップ」の手順を完了します。
  2. プロジェクトに [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティを追加します。
  3. [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティ内に [会議日時を検索] アクティビティを追加します。
  4. [入力] セクションのプロパティに値を入力します。
  5. [出力] セクションのプロパティのために MeetingTimeSuggestion[] および String 型変数を作成し、入力します。
  6. アクティビティを実行します。

    • 入力したプロパティ値は、FindMeetingTimes API に渡されます。
    • API は、出力プロパティ変数に MeetingTimeSuggestion[]String の値を返します。


  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
  • 動作のしくみ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.