アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

メールを ID で取得

UiPath.Mail.Activities.Business.GetEmailById

指定した ID を持つメールを取得します。このアクティビティは、[Outlook 365 を使用][Gmail を使用]、または [デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティ内に追加する必要があります。

アクティビティの構成

アクティビティの本体
  • アカウント - 検索するアカウントです。StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックして、ドロップダウン メニューから、オートメーションに追加する Outlook 365、Gmail、またはデスクトップ版 Outlook アカウントを選択します。
  • メール ID - 検索するメールの ID です。StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、ドロップダウン メニューからいずれかのオプションを使用して ID を選択します。

    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイル、または Outlook アカウントからのデータ。たとえば、Excel ファイルを選択し、[Excel 内で示す] を選択してファイルのセルを指定するか、Outlook のメールを選択して、その ID を含むメールのフィールドを選択します。
    • 変数を使用 - プロジェクトで作成済みの変数を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでメール ID を入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に ID の入力を求めます。
    • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 参照名 - 取得したメールを他のアクティビティで参照するときに使用する名前です。StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、ドロップダウン メニューからいずれかのオプションを選択します。

    • 変数を作成 - アクティビティからのメールを格納する新しい変数をプロジェクト内に作成します。
    • 変数を使用 - アクティビティからのメールを格納する、プロジェクトで作成済みの変数を選択します。
プロパティ パネル

共通

  • 表示名 - アクティビティの表示名です。

入力

  • 「アクティビティの本体」のオプションをご覧ください。

    注:
    • Integration Service トリガーが使用されている場合、メール ID の値は、MailMessage.Headers("Uid") オブジェクトまたは UiPathEventObjectId プロジェクト引数から取得できます。
    • [Outlook 365 を使用] アクティビティで使用する場合、Windows レガシ プロジェクトで UiPathEventObjectId 引数から値を取得することはできません。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • 「アクティビティの本体」のオプションをご覧ください。
  • アクティビティの構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.