アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

範囲に書き込み

UiPath.GSuite.Activities.WriteRangeConnections

説明

選択したスプレッドシートの指定した範囲にデータ テーブルを書き込みます。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/drive
  • https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Google スプレッドシートのコネクション - アクティビティで使用する Google Workspace アカウントのコネクションです。
  • スプレッドシート - 書き込む対象の Google スプレッドシート ファイルを選択します。変数を使用してスプレッドシートのテンプレートを定義することもできます。テンプレートを使用することで、アクティビティは範囲のドロップダウン リストを生成できます。フォルダー docs image アイコンをクリックすると、Google ドライブのフォルダーを参照してスプレッドシートを選択することができます。このオプションは IResource として入力を受け入れます。プラス docs image ボタンのメニューを使用すると、入力モードを [変数を使用] または [URL または ID] モード (String) に切り替えることができます。
    • [変数を使用] を選択すると、[スプレッドシートを作成] などの他のアクティビティの出力変数を使用できます。
    • スプレッドシート URL - 対象のスプレッドシートの URL または ID です。このフィールドは、入力モードとして [URL または ID] を選択した場合に使用できます。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。詳しくは、「スプレッドシート ID の取得方法」をご覧ください。
    • スプレッドシートのサンプル - 変数ファイルと同じ範囲を持つファイルを選択します。[スプレッドシートのテンプレートを使用] をクリックすると表示されます。Google ドライブのフォルダーを参照して、スプレッドシートを選択します。デスクトップ版の Studio では、このオプションは [範囲] の横にあるプラス docs image ボタンのメニューから利用できます。このフィールドは IResource 入力を受け入れます。詳しくは、「テンプレートを使用する」をご覧ください。
    • フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[ファイル ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • 範囲 - データの書き込みまたは追加先の範囲を指定します。カスタム範囲 (例: Sheet1!C5:F10) または名前付き範囲名を追加できます (例: Clients)。このフィールドには、選択したスプレッドシートまたはスプレッドシートのサンプルから取得した情報が事前に入力されます。このプロパティでは、String 型の変数と文字列形式の値がサポートされています。
    • シートを変更してから最新のデータを取得する必要がある場合は、[範囲を更新] オプションを選択します。

  • ヘッダーを含む ー 選択した場合、データ テーブルのヘッダーもスプレッドシートに挿入されます。このプロパティでは Boolean 値がサポートされています。
  • 書き込み方法 - 指定した範囲にデータを追加する方法を指定します。利用可能なオプションは次のとおりです。
    • 上書き - 既存のデータを上書きします。
    • 追加 - 最初に見つかった空の行にデータを書き込みます。
    • 右に追加 - 最初に見つけた空の列にデータを書き込みます。詳細については、下記の「追加」セクションをご覧ください。
    • 挿入 - 行を挿入します。
  • 書き込む内容 - スプレッドシートに書き込む、DataTableとしてのデータです。このプロパティは DataTable 変数をサポートします。たとえば、[範囲を読み込み] アクティビティの出力変数を使用できます。
追加
 追加 (下に)右に追加
書式なし範囲 (A1 表記)

対象の範囲で見つかった最初の空の行に範囲を書き込みます。

必要な数の行を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の行がない場合は、必要な数の行を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を下に追加します。

対象の範囲で見つかった最初の空の列に範囲を書き込みます。

必要な数の列を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の列がない場合は、必要な数の列を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を右に追加します。

名前付き範囲

対象の範囲で見つかった最初の空の行に範囲を書き込みます。

必要な数の行を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の行がない場合は、必要な数の行を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を下に追加します。

対象の範囲で見つかった最初の空の行に範囲を書き込みます。

必要な数の行を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の行がない場合は、必要な数の行を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を下に追加します。

シート

対象のシートで見つかった最初の空の行に範囲を書き込みます。

必要な数の行を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の行がない場合は、必要な数の行を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を下に追加します。

対象のシートで見つかった最初の空の列に範囲を書き込みます。

必要な数の列を作成し、入力範囲を範囲に入力します。

範囲内に空の列がない場合は、必要な数の列を挿入し入力範囲を追加することで、範囲を右に追加します。

要求に関する既知の制限事項

範囲を扱う場合は、要求/応答の制限に注意してください。制限は 4 MB です。たとえば、読み取り要求の場合は平均 10,000 セル (セル 1 つあたり 20 文字) で、書き込み要求の場合は平均 4,000 セル (セル 1 つあたり 20 文字) です。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.