アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

ピボット テーブルを作成

UiPath.Excel.Activities.Business.CreatePivotTableX

指定の範囲または表からピボット テーブルを作成し、データの計算、要約、および分析を支援します。このアクティビティを追加すると、ピボット テーブルのフィールドを、行、列、フィルター、または要約フィールドとして追加できます。このアクティビティは、親の [Excel ファイルを使用] アクティビティで選択した Excel ファイルまたはプロジェクト ノートブックと共に使用できます。

このアクティビティの使い方については、「チュートリアル: ピボット テーブルを作成する」をご覧ください。

アクティビティの構成

アクティビティの本体
  • 元の範囲 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューから Excel ファイルを選択し、次にファイルから名前付き範囲、表、またはシートを選択します。または、[Excel 内で示す] を選択して、ファイルから直接範囲を指定します。または、[詳細エディターを開く] を選択し、VB の式を入力します。
  • 新しい表の名前 - フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、メニューから [テキスト] を選択して、テキスト ビルダーに表の名前を入力します。同じ名前のピボット テーブルが既に対象範囲に存在する場合は、表は削除され再作成されます。

    または、メニューの利用可能なオプションの 1 つを使用して、名前を指定します。

    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイル、または Outlook アカウントからのデータ。たとえば、Excel ファイルのセルか、選択されている Outlook メール内のフィールドを選択します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した値を選択します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に名前の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 対象範囲 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューから、Excel ファイルを選択し、次にピボット テーブルを作成する表またはシートを選択します。または、[Excel 内で示す] を選択して、ファイルから直接指定します。または、[カスタム入力] を選択して範囲を手動で入力するか、[詳細エディターを開く] を選択して VB の式を入力します。
  • ピボット テーブル フィールドを追加 - このボタンをクリックしてピボット テーブル フィールドを追加します。

ピボット フィールドのオプション

  • フィールド - フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、メニューから、[範囲] と列ヘッダーを選択します。または、Excel ファイル、次に [Excel 内で示す] を選択して、ファイルの列ヘッダーを指定します。または、メニューのその他のオプションの 1 つを選択して、列ヘッダーを指定します。

    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した値を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーで列ヘッダーのテキストを入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に列ヘッダーのテキストの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • ピボット テーブルの種類 - ピボット テーブルに含めるフィールドを選択します。[行]、[列]、[フィルター]、または [値] から選択します。
  • 関数 - フィールドが値である場合は、使用する関数を選択します。Sum、Count、Average、Max、Min、Product、CountNumbers、StdDev、StdDevp、Var、または Varp から選択します。
プロパティ パネル

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

入力

  • 対象範囲 - 「アクティビティの本体」の「対象範囲」をご覧ください。
  • レイアウト - ピボット テーブルのレイアウトと書式を指定します。[compact] を選択するとテーブルが見やすく表示され、[tabular][outline] を選択するとファイルのヘッダーが含まれます。既定値は [compact] です。
  • 新しい表の名前 - 「アクティビティの本体」の「新しい表の名前」をご覧ください。
  • 表の範囲 - 「アクティビティの本体」の「元の範囲」をご覧ください。
  • 次として値を追加 - ピボット テーブルに値を追加する方法 (列 (既定オプション) または行) を選択します。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • アクティビティの構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.