アクティビティ
最新
ファイルの作成時 目次
ロゴ
生産性を高めるアクティビティ
最終更新日 2023年12月6日

ファイルの作成時

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Files.Triggers.NewFileCreated

説明

指定した OneDrive の場所に新しいファイルが作成されたときに、オートメーション ワークフローを実行します 新しいファイルには、OneDrive で作成されたファイル、OneDrive にアップロードされたファイル、新しい OneDrive の場所に移動されたファイルなどがあります。

このトリガーは、個人用ドライブ、共有ドライブ、SharePoint ライブラリ、およびグループをサポートします。

注: デスクトップ版の OneDrive 新しいファイルをアップロードしてから OneDrive のクラウドと同期すると、このトリガーが失敗することがあります。この動作は、Microsoft の制限により発生します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Files.Read
  • Files.ReadWrite
  • Files.Read.All
  • Files.ReadWrite.All
  • Sites.Read.All
  • Sites.ReadWrite.All

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft OneDrive & SharePoint - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • 作成場所 - ファイルの作成先フォルダーです。フォルダー アイコンをクリックすると、OneDrive のフォルダーを参照できます。このフィールドは IResource 型の入力を受け入れます。
    • フォルダーを変更してから最新のデータを取得する必要がある場合は、[ブラウザーを再読み込み] オプションを選択します。

  • 追加フィルター - このフィールドをクリックすると [フィルター ビルダー] が開き、フィルターを追加できます。[作成者 (メール)]、[ファイル拡張子]、[名前] のフィールドによるフィルター処理がサポートされています。

その他のオプション

出力

  • 作成されるファイル - 作成されるファイルへの参照です。他のアクティビティ (例: [メールを送信]) で使用できます。
  • ジョブのデータ - ジョブの情報 (プロセス名、プロセス バージョン、ワークフロー名、ロボット名、実行モードなど) が含まれています。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.