アクティビティ
最新
CSV を読み込み 目次
ロゴ
生産性を高めるアクティビティ
最終更新日 2023年11月16日

CSV を読み込み

UiPath.CSV.Activities.ReadCsvFile

説明

指定した CSV ファイルのすべてのエントリを Excel の範囲、表、またはシートにコピーするか、オートメーションにおいて後で使用するためにデータを保存します。

アクティビティの構成

アクティビティの本体

  • 読み込み元ファイル - フィールドの横にある [参照] アイコン をクリックし、データのコピー元の CSV ファイルを参照して選択します。または、フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、メニューから、選択可能なオプションの 1 つを選択してファイル パスを指定します。

    • アクティビティが [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内にある場合は、[CurrentFile] > [フル パス] を選択して、現在反復処理をしているファイルのパスを指定します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイル、または Outlook アカウントからのデータ。たとえば、ファイル パスを含むセルを選択できます。
    • テキスト - テキスト ビルダーでファイル パスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの数式を結合できます。たとえば、プロジェクト ノートブックの数式を使用して、ファイル名に日付を追加できます。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にファイル パスの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 出力先 - フィールドの右側にある をクリックし、メニューから、コピーしたデータの処理方法を選択します。

    • 親の Excel ファイルを選択し、データのコピー先になる範囲、表、またはシートを選択するか、Excel で範囲を指定します。
    • 後で使用するために保存 - 出力データを、プロジェクトで後で別のアクティビティの入力として使用するために保存します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 先頭行をヘッダーとする - 選択すると、CSV ファイルの先頭行がヘッダー行に指定されます。選択しないと、ヘッダー行が追加されます。既定では、このオプションは選択されています。

プロパティ パネル

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

ファイル

  • ファイル パス - 「アクティビティの本体」の「読み込み元ファイル」をご覧ください。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

オプション

  • 区切り文字 - CSV ファイルで使用されている区切り文字を選択します。[Tab][Comma] (,)、[Semicolon] (;)、[Caret] (^)、または [Pipe] (|) を指定できます。
  • エンコード - 使用するエンコードの種類を選択します。各文字エンコードのコードの完全なリストについては、こちらをご覧ください。エンコードの種類が指定されていない場合、アクティビティはファイルのバイト オーダー マークを検索してエンコードを検出します。バイト オーダー マークが検出されない場合は、システム ANSI コード ページが既定で選択されます。
  • 先頭行をヘッダーとする - 「アクティビティの本体」の「先頭行をヘッダーとする」をご覧ください。
  • 引用符を無視 - ファイル読み取り時に引用符を無視するかどうかを指定します。

出力

  • データテーブル - 「アクティビティの本体」の「出力先」をご覧ください。

[CSV を読み込み] アクティビティの使用例

ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.