アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

ファイル/フォルダーのリストを取得

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Files.GetFileListConnections

説明

指定した OneDrive または SharePoint の場所からファイルまたはフォルダーのリストを取得します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Files.Read
  • Files.ReadWrite
  • Files.Read.All
  • Files.ReadWrite.All
  • Sites.Read.All
  • Sites.ReadWrite.All

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft OneDrive & SharePoint - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • 検索場所 - ファイルやフォルダーを検索す場所です。取得するファイルまたはフォルダーの指定方法 ([[ID を入力][URL を入力] または [変数を使用]) です。
    • フォルダー ピッカーオプション - OneDrive または SharePoint のフォルダーを参照してファイルまたはフォルダーを選択します。このフィールドでは IResource 型の入力を使用できます。
    • [ID を入力] オプション:

      • ファイルまたはフォルダーの ID - ファイルまたはフォルダーの ID です。ID を取得するには、OneDrive Web でファイルを開き、その URL を取得します。URL 内の ID はエンコードされています。たとえば、URL が https://yourcompany.sharepoint.com/Doc.aspx?sourcedoc=%7BA1CA7E78-BA59-4DD4-A6B9-5F5BBC37FA85%7D&file=Merge_sheets.xlsx の場合、デコードされたファイル ID は A1CA7E78-BA59-4DD4-A6B9-5F5BBC37FA85%7B%7D となります。このプロパティでは、String 型の変数と文字列形式の値がサポートされています。
      • SharePoint サイト アドレス - ファイルまたはフォルダーを含む SharePoint サイトの URL です。ブラウザーで SharePoint サイトを開き、URL を取得します (例: https://yourCompany.sharepoint.com/sites/Marketing)。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
      • SharePoint ドキュメント ライブラリ - ファイルまたはフォルダーを含む、指定した SharePoint サイト内のドキュメント ライブラリです。ブラウザーで SharePoint サイトを開き、[ドキュメント] タブに移動して URL を取得します (例: https://yourCompany.sharepoint.com/sites/Marketing/Shared%20Documents/Forms/AllItems.aspx)。このプロパティでは、 String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
    • [URL を入力] オプション:

      • ファイルまたはフォルダーの URL - ファイルまたはフォルダーの URL です。ブラウザーでファイルまたはフォルダーを開いて、URL を取得します。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
    • フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[その他を表示] ボタンのメニューを使用して変数を使用するか、[フォルダー ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

その他のオプション

オプション

  • 上限数 - 返されるファイルとフォルダーの最大数です。空白の場合、無制限になります。このフィールドでは、Int32 型変数と Int32 形式の値がサポートされています。
  • 返す対象 - 返す対象を指定します。ドロップダウン メニューから、以下の利用可能なオプションのいずれかを選択します。
    • ファイル - ファイルを取得します。
    • ファイルとフォルダー - ファイルとフォルダーを名前順に取得します。
    • フォルダー - フォルダーを取得します。
  • 重複を除外 - Boolean 値です。重複するファイルやフォルダーを検索結果から除外する場合は、True に設定します。
  • 簡易検索 - 複数のフィールド (ファイル名やファイルの内容など) で、ファイルとフォルダーを検索するのに使用するクエリ テキストです。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。[その他を表示] ボタンのメニューを使用すると、[詳細検索] に切り替えることができます。
  • 詳細検索 - ファイルとフォルダーをフィルター処理するために定義された詳細な検索条件です。[詳細検索] は、個人用の Microsoft アカウントを使用している場合はサポートされません。[詳細検索] では、フィルター ビルダーを使用して検索条件を設定します。

    • サブフォルダーを含む - Boolean 値です。True に設定すると、選択した場所にあるすべてのサブフォルダーが検索対象に含められます。
      注:
      フィルター ビルダーで File extension でフィルター処理すると、特定の拡張子でフィルターが機能しない場合があります。たとえば、.avi、.svg、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.mov、.mp3、.mp4、.ogg、.png、.rtf、.tiff、.wav、.webm、.webp、.wmv などです。
      Last modified by または Shared with user でフィルター処理すると、不完全な結果が返されることがあります。

出力

  • ファイルまたはフォルダー - アクティビティが取得するファイルのリストです。自動的に生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。他のアクティビティで使用できます。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.