アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

スクリプトを実行

UiPath.GSuite.Activities.RunScript

説明

関数を Google AppsScript プロジェクト内で実行します。Apps Script API で使用できるようにスクリプト プロジェクトをデプロイし、呼び出し元のアプリケーションは、同じクラウド プラットフォーム プロジェクトを共有している必要があります。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ |Windows

構成

プロパティ

共通
  • エラー発生時に実行を継続 - 設定した場合、現在のアクティビティが失敗しても残りのアクティビティの実行を継続します。 このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
入力
  • 機能 - 指定したスクリプト内で実行する関数の名前です。この名前にはかっこ、またはパラメーターは含まれません。「Library.libFunction1」のように、組み込みライブラリ内の関数を参照できます。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • パラメーター - 実行される関数に渡されるパラメーターです。各パラメーターに指定するオブジェクトの型は、AppsScript で必要な型と一致する必要があります。パラメーターには、Apps Script 固有のオブジェクト型 (DocumentCalendar など) を指定できません。stringnumberarrayobject、または boolean などのプリミティブ型のみ指定できます。
  • 開発 ID - 実行するデプロイの ID です。 このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
  • 開発者モード - スクリプトを運用環境モードではなく開発者モードで実行する場合に選択します。Boolean 値、既定値は [False] です。このフィールドを有効化すると、[開発 ID] は自動的に [スクリプト ID] パラメーターに置き換えられます。
  • スクリプト ID - スクリプト プロジェクトのドライブ ID です。 このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。 このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。
出力
  • 戻り値 - 関数の戻り値です。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.