アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

シートの下部への行の追加時

UiPath.GSuite.Activities.Sheets.Triggers.RowAddedToSheetBottom

説明

シート (タブ) の下部に新しい行が追加された際にオートメーションを開始します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/drive.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets
  • https://www.googleapis.com/auth/drive

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Google スプレッドシートのコネクション - アクティビティで使用する Google Workspace アカウントのコネクションです。
  • スプレッドシート - 使用する Google スプレッドシートです。フォルダー アイコンをクリックすると、Google ドライブのフォルダーを参照してスプレッドシートを選択することができます。

    • フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[ファイル ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • シート名 - 監視対象のシートです。
    • シートを変更してから最新のデータを取得する必要がある場合は、[シートを更新] オプションを選択します。

  • 先頭行をヘッダーとする - シートの先頭行が、見出し行を含むかどうかを指定します。Boolean 値です。
出力
  • スプレッドシート - GDriveRemoteItem 変数として保存される Google スプレッドシートのファイルです。 これは自動生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。
  • ジョブのデータ - ジョブの情報 (プロセス名、プロセス バージョン、ワークフロー名、ロボット名、実行モードなど) が含まれています。

    追加される行 - シートに追加され、DataRow 変数に保存された行です。 自動的に生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。



  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.