アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

トリガー アクティビティ

Google Workspace アクティビティ パッケージでは、以下のトリガー アクティビティを利用できます。

概要

トリガー アクティビティを使用すると、特定の外部イベントが発生したときにオートメーションを開始できます。

トリガー アクティビティを使用してプロセスを作成すると、そのトリガーは、Integration Service で選択したコネクション上に自動的に作成されます。たとえば、[カレンダーの予定の作成時] アクティビティを使用すると、Integration Service の対応する Gmail のコネクションでトリガーが作成されます。

標準の Integration Service の トリガーと異なり、トリガー アクティビティには他のアクティビティで使用できる出力オブジェクトが含まれます。


トリガー (アクティビティと Integration Service に直接含まれるトリガーの両方) のメリットは、ロボットを常にバックグラウンドで実行してイベントを確認する必要がないという点です。Integration Service は、選択したコネクションでイベントの有無を確認して、イベントが見つかった場合にワークフローをトリガーします。

共有ドライブ

Google Workspace のトリガー アクティビティは共有ドライブをサポートしています。

共有ドライブは、[場所][親ドライブ ID][共有] イベント フィルターを使用して識別できます。

コネクションがアクセス権を持つ共有ドライブは各イベント フィルターに表示されます。共有ドライブ内のファイル/フォルダーにイベントを設定する場合は、こちらから指定できます。


トリガー アクティビティを使用する

  1. ワークフローにトリガーを追加します。トリガー アクティビティは、ワークフローの最初のアクティビティである必要があります。オートメーションを開始する動作を設定するイベントを表します。
  2. トリガー アクティビティで使用するコネクションを設定します。
    1. 既存のコネクションがない場合は、[接続] をクリックして Integration Service のコネクションを設定します (例: Gmail コネクタのコネクション)。
    2. Integration Service コネクタへの既存のコネクションがある場合は、既定のコネクションが自動的に選択されます。[設定] アイコンをクリックしてコネクションを管理するか、新しいコネクションを追加します。


  3. フィルター ビルダーを使用して、トリガーのオプションを設定します。
  4. アクティビティをさらに追加してワークフローを作成します。たとえば、予定が作成されたら、予定を転送してからメールを送信するワークフローを作成します。


トラブルシューティング

ワークフローがトリガーされていない場合、またはトリガー アクティビティが例外をスローする場合は、トリガー アクティビティのコネクションを確認し、修正してください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.