アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

イベント/予定を作成

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Calendar.CreateEventConnections

説明

指定した Outlook の予定表にイベントを追加します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Calendars.ReadWrite
  • Calendars.ReadWrite.Shared

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft Outlook 365 コネクション - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • カレンダー - 予定のために使用するカレンダーです。指定されていない場合は、ユーザーの既定のカレンダーが使用されます。利用可能なカレンダーを参照するには、フォルダー docs image アイコンをクリックします。このフィールドでは、IResource の入力がサポートされています。
    • 予定表を変更してから最新のデータを取得する必要がある場合は、[その他を表示] ボタンのメニューを使用して変数を使用するか、[カレンダー ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • イベント/予定のタイトル - イベント/予定の新しい名前です。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
  • 開始日時 - カレンダー ウィジェットを使用して、予定の開始日時を選択します。このプロパティでは、DateTime 型変数と日付形式の値 (MM/DD/YYYY Hour:Minute:Seconds) がサポートされています (例: 01/10/2023 12:00:00)。[その他を表示] docs image ボタンのメニューからスニペットを選択して、事前定義された値 (Today、Yesterday、Tomorrow、StartOfNextWeek、StartOfNextMonth、Now) を使用します。
    終了日時 - カレンダー ウィジェットを使用して、予定の終了日時を選択します。このプロパティでは、DateTime 型変数と日付形式の値 (MM/DD/YYYY Hour:Minute:Seconds) がサポートされています (例: 01/10/2023 13:00:00)。[その他を表示] docs image ボタンのメニューからスニペットを選択して、事前定義された値 (Today、Yesterday、Tomorrow、StartOfNextWeek、StartOfNextMonth、Now) を使用します。
    タイム ゾーン - イベントのタイム ゾーンを選択します。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。

    終の予定 - 予定が終日の予定かどうかを指定します。Boolean 値をサポートするフィールドです。 True を選択すると、このオプションは予定の開始日時と終了日時を置き換えます。

その他のオプション

オプション

  • 必須出席者 - イベントの必須出席者です。このプロパティでは、String[] 型の配列変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。
  • 任意出席者 - イベントの任意の出席者です。このプロパティでは、String[] 型の配列変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。
  • リソース出席者 - イベントのリソース出席者です。このプロパティでは、String[] 型の配列変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。
  • 場所 - 予定の場所を指定します。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
  • オンライン会議の URL - Zoom、Microsoft Teams などのオンライン ミーティングのリンクです。このプロパティでは、String 型の変数と文字列形式の値がサポートされています。
  • 添付ファイル - イベントに追加する添付ファイルです。入力を IResource として受け入れます。
  • 重要度 - イベントの重要度 ([低][標準]、または [高]) です。
  • カテゴリ - イベントのカテゴリを追加します。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • 公開方法 - 予定表に表示されるイベントのステータスです。利用可能なオプションは、[イベントなし][仮のイベント][イベントあり][外出中][他の場所で作業中][不明] です。
  • 秘密度 - イベントに適用される秘密度ラベルです。利用できるオプションは、[標準][個人][プライベート][機密] です。
  • 出力イベントのタイムゾーン - 他のアクティビティで出力が使用される場合の、イベントのタイムゾーンです。空のままにすると、既定で UTC が使用されます。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。

出力

  • イベント - アクティビティが生成するイベントです。自動的に生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。[イベントを転送] などの他のアクティビティで使用できます。
注:

[繰り返し (ブックの各行)] 内で使用する場合、このアクティビティでバッチ処理 API 呼び出しがサポートされます。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.