アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

プレゼンテーションのマクロを実行

UiPath.Presentations.Activities.RunMacro

マクロ有効プレゼンテーション内で指定したマクロを実行します。 このアクティビティは [PowerPoint プレゼンテーションを使用] アクティビティ内に追加する必要があります。

マクロの引数は、[マクロ引数] アクティビティによって決定されます。このアクティビティは、アクティビティの本体で [マクロ引数を追加] をクリックすると、[プレゼンテーションのマクロを実行] コンテナーに追加されます。マクロ引数は複数追加できます。

プロパティ

共通
  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。
入力
  • マクロ名 - 実行するマクロの名前です。または、StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、メニューからオプションを選択してマクロ名を決定します。

    • プレゼンテーション - プレゼンテーション ファイルの値を使用します。
    • ノートブック - ノートブックの値 (セルのデータなど) を使用します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に名前の入力を求めます。
    • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
    • テキスト - テキスト ビルダーに名前を入力します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • プレゼンテーション - データテーブルを入力するプレゼンテーションです。StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、データテーブルを挿入するプレゼンテーション ファイルを選択します。または、VB 式を入力します。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力
  • 戻り値 - マクロからの戻り値を保存します (ある場合)。StudioX で、フィールドの右側にあるプラス記号 をクリックし、メニューからオプションを選択して値の保存方法を決定します。

    • ノートブック - ノートブックの値 (セル内のデータなど) を保存します。
    • クリップボードにコピー - 戻り値をクリップボードに保存します。
    • PowerPoint - 戻り値をプレゼンテーション内に保存します。
    • 後で使用するために保存 - 値を保存するときに名前の指定を促します。名前は後から変更できます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • プロパティ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.