アクティビティ
最新
バナーの背景画像
生産性を高めるアクティビティ
最終更新日 2024年3月1日

Excel ファイルを使用

UiPath.Excel.Activities.Business.ExcelApplicationCard

オートメーションで使用する Excel ファイルを選択し、StudioX と Excel を連携できます。[Excel ファイルを使用] アクティビティに追加するすべてのアクティビティで、ファイルのデータを使用できます。これは、子アクティビティを設定するとき、StudioX からファイルのデータを直接選択できることを意味します。オートメーションの設計時に Excel ファイルが存在しない場合は、設計段階で使用するために、同じ構造を持つ既存の Excel ファイルをテンプレートとして定義できます。

UI Automation アクティビティを [Excel ファイルを使用] アクティビティに直接追加して、Excel のインターフェイスをより迅速に自動化することができます。そのためには、マシン上で Excel ファイルが開かれている必要があります。

注: 拡張子 .xls が付いたファイルを使用すると、.xls ファイルに対して Excel でサポートされるすべてのアクティビティが実行時に機能します。ただし、デザイナーでオートメーションを作成するときにファイルの内容をプラス記号 docs image のメニューから直接選択することはできません。ファイルからデータを選択するには、[Excel 内で示す] および [カスタム入力] オプションを使用するか、.xlsx としてファイルをコピーし、テンプレート ファイルとして追加します。

このアクティビティの使い方については、以下をご覧ください。

アクティビティの構成

アクティビティの本体
  • Excel ファイル - フィールドの横にある [参照] アイコン をクリックし、オートメーションで使用する Excel、CSV、またはテキスト ファイルを参照して選択します。オートメーションの実行時に新しいファイルを作成するには、ファイルを作成するフォルダーを参照し、ファイル名を入力します。

    異なる名前で毎日ダウンロードされるファイルなど、動的な名前を持つファイルを使って作業する必要がある場合は、フィールドの右側にあるプラス メニューのオプションの 1 つを使用してファイル パスを指定できます。たとえば、提供された数式を使用して、毎日ファイル パスを抽出できるプロジェクト ノートブックのセルを選択します。または、[実行時に確認] を選択し、プロジェクトを実行する際にファイル パスを入力します。この状況で、ファイルのデータを使用するアクティビティを簡単に構成できるようにするには、テンプレート ファイルと同じ形式の別の Excel ファイルを選択します。または、ファイルの SharePoint URL を入力することで、リモートの Excel ファイルで作業できます。

  • 参照名 - オートメーション プロジェクトでファイルを参照するときに使用する名前を入力します。
  • 変更を保存 - ファイルの内容を変更する Excel アクティビティが実行されるたびにファイルを保存する場合は、このオプションを選択します。このオプションが無効化されている場合は、[Excel ファイルを保存] アクティビティを使用してください。既定では、このオプションは選択されています。

    変更を保存するオプションが無効な場合は、[データ マネージャー] パネルの Excel リソースの横に「自動保存: オフ」というメッセージが表示されます。

  • 存在しない場合ファイルを作成 - このオプションを選択すると、指定したパスにブックが見つからない場合に Excel ブックが新規作成されます。選択しない場合は、指定したパスにブックが見つからなければエラーが発生します。既定では、このオプションは選択されています。
  • 読み取る値の書式 - Excel から読み取る値に適用する書式設定を選択します。

    • プロジェクトと同じ - [プロジェクト設定] から設定値を継承します。
    • 既定 - Excel によって返される既定の書式設定を適用します。
    • 生の値 - Excel から生の値を取得し、すべての書式設定を無視します。
    • 表示値 - Excel に表示されているとおりに値を取得します。
  • テンプレート ファイル - 自動化する Excel ファイルが動的であるか、オートメーションの設計時に存在しない場合 (オートメーションによってファイルがダウンロードされるか、作成される場合など) は、このオプションを選択して、設計時には対象のExcel ファイルと同じ構造を持つ別の Excel ファイルを使用します。

    このファイルのデータは、プラス記号 のメニューから選択できるため、[Excel ファイルを使用] 内に追加されたアクティビティの設定が容易になります。テンプレート ファイルは設計時にのみ使用します。オートメーションが実行されると、[Excel ファイル] フィールドに定義されたファイルが処理されます。

プロパティ パネル

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

ファイル

  • 編集用パスワード - ファイルがパスワードで保護されている場合に、Excel ブックの編集に必要なパスワードです。
  • パスワード - ファイルがパスワードで保護されている場合に、Excel ブックを開くのに必要なパスワードです。
  • ブック パス - Excel ファイルへのパスです。ファイルが存在せず、[新しいファイルを作成] オプションを選択する場合は、StudioX によってファイルが作成されます。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

オプション

  • 存在しない場合ファイルを作成 - 「アクティビティの本体」の説明をご覧ください。
  • Excel ファイルを開いたままにする - プロジェクトを実行する際にファイルが開かれていない場合に、プロジェクトの実行が終了した後もブックを閉じずに開いたままにします。このオプションは、後でファイルを確認する場合に使用できます。
  • 読み込む値の書式 -「アクティビティの本体」の説明をご覧ください。
  • 読み取り専用 - 選択すると、指定したブックが読み取り専用モードで開きます。このチェック ボックスを選択すると、編集のためにロックされていたり、編集用パスワードが設定されていたりする Excel ファイルでも、データ抽出操作を実行できます。このオプションは既定で選択されていません。
  • 変更を保存 - 「アクティビティの本体」の説明をご覧ください。
  • アクティビティの構成

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.