アクティビティ
最新
バナーの背景画像
生産性を高めるアクティビティ
最終更新日 2024年5月22日

スプレッドシートを作成

UiPath.GSuite.Activities.CreateSpreadsheetConnections

説明

新しいスプレッドシートを作成します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/drive
  • https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Google スプレッドシートのコネクション - アクティビティで使用する Google Workspace アカウントのコネクションです。
  • フォルダー - スプレッドシートの作成先フォルダーです。空白の場合は、スプレッドシートはルート フォルダーに作成されます。このプロパティでは、String 型の変数と文字列形式の値がサポートされています。[その他を表示] ボタンのメニューを使用すると、入力モードを [変数を使用] または [URL または ID] に切り替えることができます。
    • フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[ファイル ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • スプレッドシート名 - 作成されるスプレッドシートの名前です。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
その他のオプション

入力

  • 最初のシート名 - スプレッドシートの最初のシートに割り当てられる名前です。既定で、Sheet1 が設定されます。このプロパティでは、String 型変数と文字列形式の値がサポートされています。
  • スプレッドシートが既に存在する場合 - 対象のフォルダーに同じ名前のスプレッドシートが既に存在する場合において期待される挙動を指定します。ドロップダウン メニューから、以下の利用可能なオプションのいずれかを選択します。
    • 個別のファイルとして追加 - 同じ名前の項目が存在する場合でも、名前を変更せずにファイルを追加します。
    • 置換しない - 既存の項目が見つかった場合に失敗します。既定のオプションです。
    • 名前を自動変更 - 数字を追加して新しい項目の名前を自動的に変更します。
    • 置換 - 既存のアイテムを置換します。同じ名前のアイテムが複数存在する場合は、失敗します。

出力

  • スプレッドシートを後で使用するために保存 - 新しく作成されるシートを保存します。これは自動生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。これは、[シート名を追加] などの他のアクティビティで使用できます。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.