アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

繰り返し (ファイル/フォルダー)

UiPath.GSuite.Activities.ForEachFileFolderConnections

説明

指定されたフォルダー内の各ファイルまたはフォルダーに対して 1 つまたは複数のアクティビティを実行します。

注: このアクティビティでは、ページネーションを使用して多数の項目を処理し、パフォーマンスの問題を軽減します。このアクティビティでは永続性はサポートされていません。
スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/drive.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/drive.appdata
  • https://www.googleapis.com/auth/drive.metadata
  • https://www.googleapis.com/auth/drive.metadata.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/drive.photos.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/drive

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Google ドライブのコネクション - アクティビティで使用する Google Workspace アカウントのコネクションです。
  • 検索場所 - ファイルやフォルダーを検索する場所です。既定値は「マイ ドライブ」です。空白の場合、Google ドライブ内のすべての場所を検索します。
    • [その他を表示] ボタンのメニューを使用すると、入力モードを [変数を使用] (IResource 型) または [URL または ID] (String) に切り替えることができます。
    • フォルダーを変更し、最新のデータを取得する必要がある場合は、[ファイル ピッカーを再読み込み] オプションを選択します。

  • Body - このセクションに追加されたアクティビティは、選択した場所にあるファイルまたはフォルダーごとに実行されます。
その他のオプション

オプション

  • 上限数 - 反復処理するファイルまたはフォルダーの数を選択します。既定値は 200 です。このフィールドでは、Int32 型変数と Int32 形式の値がサポートされています。
  • 返す対象 - 返す対象として、ファイルのみ、フォルダーのみ、ファイルとフォルダーの両方のいずれかを指定します。既定では、[ファイルとフォルダー] が選択されています。
  • スター付きのみ - スター付きのファイルとフォルダーのみを対象とするかどうかを指定します。このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。既定では、[False] が選択されています。
  • 追加フィルター - このフィールドをクリックすると [フィルター ビルダー] が開き、クエリにフィルターを追加できます。[作成日時]、[最終更新日時]、[名前]、[所有者]、[ファイル内のテキスト]、[種類] フィールドによるフィルター処理がサポートされています。

出力

  • 処理されるファイル/フォルダーの数 - アクティビティによって処理されるアイテムの総数です。これは自動生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。 [繰り返し (ファイル/フォルダー)] アクティビティの外で使用できます。
注:

API 呼び出しのバッチ処理は、[繰り返し (コレクションの各要素)] 内で次のアクティビティが使用されている場合にサポートされます。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.