アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

メールを転送

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Mail.ForwardEmailConnections

説明

指定したメールを新しい受信者に転送します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Mail.ReadWrite
  • Mail.Send
  • Mail.ReadWrite
  • Mail.Send.Shared
  • Mail.ReadWrite.Shared
  • Mail.Send
  • Mail.ReadWrite.Shared
  • Mail.Send.Shared

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft Outlook 365 コネクション - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • 共有メールボックスを使用 - 共有メールボックスを使用する場合は、トグルをオンに設定します。既定ではオフです。

    • 転送元 - 転送元となる、ユーザーまたは共有メールボックスのメール アドレスです。
  • メール - 転送するメールです。このフィールドは Office365Message 型変数を受け入れます。[その他を表示] ボタンのメニューを使用すると、入力モードとして変数を使用できます。
  • 宛先 - メールのプライマリ受信者です。Enter または Tab キーを押して区切ります。このプロパティでは、String[] 変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。
  • 本文 - メールの本文です。エディターを使用して、テキストを入力および編集します。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • 下書きとして保存 - Boolean 値です。メールを転送するのではなく下書きとして保存するには、True に設定します。
その他のオプション

入力

  • 転送元 - メールの転送元となる、ユーザーまたは共有メールボックスのメール アドレスです。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • 新しい件名 - 転送されるメールの新しい件名です。空のままにすると、メールの最初の件名が使用されます。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • 添付ファイル - メール メッセージに追加する添付ファイルです。[その他を表示] docs image ボタン メニューを使用して、他の入力モード ([添付ファイルのコレクションを作成]または [変数を使用]) に切り替えることができます。このフィールドでは、IResource の入力がサポートされています。

受信者

  • CC - メールのセカンダリ受信者です。Enter または Tab キーを押して区切ります。このプロパティでは、String[] 変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。
  • BCC - メールの非表示の受信者です。Enter または Tab キーを押して区切ります。このプロパティでは、String[] 変数と文字列の配列形式の値がサポートされています。



以下の記事もご覧ください。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.