アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

カレンダーの予定への返信時

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Calendar.Triggers.EventReplied

説明

選択したユーザーの予定表で誰かが予定表イベントに返信するとオートメーション ワークフローを実行します。

スコープ

このアクティビティには、次のスコープが必要です。

  • Calendars.Read
  • Calendars.Read.Shared
  • Calendars.ReadWrite
  • Calendars.ReadWrite.Shared

プロジェクトの対応 OS

Windows | クロスプラットフォーム

構成

  • Microsoft Outlook 365 コネクション - アクティビティで使用する Microsoft 365 アカウント用のコネクションです。
  • 追加フィルター - このフィールドをクリックすると [フィルター ビルダー] が開き、クエリにフィルターを追加できます。フィルター処理がサポートされるフィールドは、[BCC]、[キーワード]、[CC]、[カテゴリ]、[日付と時刻]、[添付ファイル名]、[送信元]、[件名]、[宛先]、[ラベル] です。

  • 予定表 - イベントのために使用する予定表です。指定されていない場合は、ユーザーの既定のカレンダーが使用されます。利用可能なカレンダーを参照するには、フォルダー docs image アイコンをクリックします。このフィールドでは、IResource の入力がサポートされています。共有された予定表もサポートされます。
その他のオプション
出力
  • イベント - 返信されるイベントです。 O365EventItem 変数に格納されます。これは自動生成される出力変数です。そのまま使用することも、別の名前で保存することもできます。他のアクティビティで使用できます。
  • ジョブのデータ - ジョブの情報 (プロセス名、プロセス バージョン、ワークフロー名、ロボット名、実行モードなど) が含まれています。



  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.