アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

列を挿入/削除

UiPath.Excel.Activities.ExcelInsertDeleteColumns

所定の位置で指定された数の列を追加または削除します。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
ターゲット
  • 列数 - 追加または削除する列の数です。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。
  • 位置 - 挿入または削除を開始する列です。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。
入力
  • 変更の種別 - アクティビティが列を追加するか、削除するかを選択します。[Add] を選択すると、ドキュメントに列が追加され、[Remove] を選択すると列が削除されます。
  • シート名 - 変更するブックのシートの名前です。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

[列を挿入/削除] アクティビティの使用例

以下の例では、指定された .xlsx ファイルからデータをコピーして新しいブックを作成し、列の範囲を削除し、新しい列を挿入する方法を説明します。

サンプルと同等のオートメーション プロセスは以下のように構築できます。

  1. Studio を開いて、新しいプロセスを作成します。プロセスの既定の名前は Main です。
  2. ワークフロー デザイナー[シーケンス] コンテナーをドラッグして、次の変数を作成します。

    変数名 変数の型 既定値
    NewFile GenericValue N/A
  3. [代入] アクティビティを [シーケンス] コンテナー内部にドラッグします。

    • [左辺値 (To)] フィールドに変数 NewFile を、[右辺値 (Value)] フィールドに式 DateTime.Now.ToString("yyyy'-'MM'-'dd'T'HH''mm''ss")+".xls" を追加します。
  4. [ファイルをコピー] アクティビティを [代入] アクティビティの下に配置します。

    • [プロパティ] パネルで、[パス] フィールドに変数 "Interest-Rates.xls" を、[ターゲット] フィールドに変数 NewFile を追加します。
  5. [Excel アプリケーション スコープ] アクティビティを、[ファイルをコピー] コンテナーの下にドラッグします。

    • [ブック パス] フィールドに NewFile 変数を追加します。
    • [プロパティ] パネルで、[自動保存][新しいファイルを作成]、および [可視] オプションのチェック ボックスを選択します。これによりロボットが新しい Excel ブックを作成し、それに加えられたすべての変更を自動的に保存し、アクションを実行しながら Excel ファイルを前面で開くことができるようになります。
  6. Excel の [列を挿入/削除] アクティビティを、[実行] コンテナー内にドラッグします。

    • [プロパティ] パネルで、[列数] フィールドに値 6 を追加します。これは、削除される列数を示します。
    • [位置] フィールドに値 5 を追加します。これは、削除プロセスが開始される列を表します。
    • [変更の種別] ドロップダウン リストから Remove オプションを選択します。
    • "Short_term_Interest_Rates"[シート名] フィールドに追加します。
  7. もう 1 つ Excel の [列を挿入/削除] アクティビティをドラッグし、1 つ目のアクティビティの下に配置します。

    • [プロパティ] パネルで、[列数] フィールドに値 1 を追加します。これは、挿入される列数を示します。
    • [位置] フィールドに値 5 を追加します。これは、挿入プロセスが開始される列を表します。
    • [変更の種別] ドロップダウン リストから Add オプションを選択します。
    • "Short_term_Interest_Rates"[シート名] フィールドに追加します。
  8. Excel の [セルに書き込み] アクティビティを、[列を挿入/削除] アクティビティの下に追加します。これにより、Average という名前の新しい列が作成されます。
    • [プロパティ] パネルで、[範囲] フィールドに式 "E4:E4" を追加します。
    • [シート名] フィールドに名前 "Short_term_Interest_Rates" を追加します。
    • [右辺値 (Value)] フィールドに式 "Average" を追加します。
  9. もう 1 つの Excel の [セルに書き込み] アクティビティを最初のアクティビティの下に追加します。このアクティビティでは、平均利率が計算されます。

    • [プロパティ] パネルで、[範囲] フィールドに式 "E5:E35" を追加します。
    • [シート名] フィールドに名前 "Short_term_Interest_Rates" を追加します。
    • [右辺値 (Value)] フィールドに式 "=AVERAGE(F5:P5)" を追加します。
  10. プロセスを実行します。オートメーション プロセスは新しいブックを作成して、元のブックからのデータを操作します。

  • プロパティ
  • [列を挿入/削除] アクティビティの使用例

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.