アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

クイックスタート - 作成、アップロード、取得、送信

このガイドの目的は、Microsoft 365 のさまざまなアクティビティ (たとえば、[フォルダーを作成][ファイルをアップロード][アイテムの情報を取得][メールを送信] など) を使用した、実用的なサンプルを作成できるようになることです。

前提条件

はじめる前に

  1. Microsoft 365 のセットアップ手順を完了します。

手順

プロジェクトをビルドする
  1. プロジェクトに [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティを追加します。
  2. 登録済みアプリケーションの [アプリケーション ID] を入力します (詳細については、「セットアップ」ページをご覧ください)。
  3. [認証の種類] ドロップダウン リストから、該当する種類を選択します (例: [対話型トークン])。

    • [対話型トークン] を選択して、ユーザーがいる状態でシーケンスを実行する場合は、[Unattended] セクションの[パスワード][テナント]、または [ユーザー名] を追加する必要がありません (空のままにします)。
  4. [サービス] ドロップダウン リストから [ファイル] を選択します (他のサービスも選択できます)。
  5. [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティの後に [フォルダーを作成] アクティビティを追加します。
  6. フォルダーの [名前] を入力します (例 : "Quickstarts")。
  7. [親ディレクトリ] プロパティに、このフォルダーを作成するディレクトリを入力します。

    • ルート ディレクトリにフォルダーを作成する場合 (この例のように)、このプロパティは空のままにします。
  8. [フォルダー] の値に使用する新しい DriveItem 変数を作成して入力します (例 : newFolder)。
    • 変数を作成する場合、その型には Microsoft.Graph.DriveItem を選択します。
  9. [フォルダーを作成] アクティビティの後に [ファイルをアップロード] アクティビティを追加します。
  10. [アップロード先] プロパティに、[フォルダーを作成] アクティビティ用に作成した DriveItem 変数 (例 : newFolder) を入力します。
  11. アップロードするファイルの [ローカル ファイル パス] を入力します (例 : "C:\UiPath_Projects\DemoFile.docx")。
  12. [結果] の値に使用する新しい DriveItem 変数を作成し、入力します (例 : uploadedFile)。
    • 変数を作成する場合、その型には Microsoft.Graph.DriveItem を選択します。
  13. [ファイルをアップロード] アクティビティの後に、[アイテムの情報を取得] アクティビティを追加します。
  14. [アイテム ID] プロパティに、[ファイルをアップロード] アクティビティ用に作成した DriveItem 変数 (例 : uploadedFile) を入力し、変数の末尾に .Id を付加します (例 : uploadedFile.Id)。
  15. [アイテム] の値に使用する新しい DriveItem 変数を作成して入力します (例 : getFile)。
    • 変数を作成する場合、その型には Microsoft.Graph.DriveItem を選択します。
プロジェクトをテストする
  1. ファイルがアップロードされて新しい OneDrive フォルダーにあることを確認するために、[アイテムの情報を取得] アクティビティの後に [メールを送信] アクティビティを追加します。
  2. [本文] プロパティに、String"Here is a link to the file: "+getFile.WebUrl」を入力して、メールにファイルへのリンクを含めます。
  3. メールの [件名] を入力します (例 : "Link to OneDrive File")。
  4. [宛先] プロパティに自分のメール アドレスを入力します (例 : {"user@uipath.com"}
    • メール アドレスを {} で囲むことを忘れないでください。詳細は、[メールを送信][宛先] プロパティの説明をご覧ください。
  5. [開始] をクリックした後、メールを見て結果を確認し、リンクをクリックしてファイルを表示します。

準備ができたら、他の「クイックスタート」ページにも挑戦し、「Microsoft Office 365」系の各種アクティビティにさらに習熟してください。

動作のしくみ

このページの手順を完了すると、以下のアクションを実行するオートメーション シーケンスが使用できるようになります。

  1. 登録済み Microsoft 365 アプリケーションへの接続を確立します ([Microsoft Office 365 スコープ])。
  2. OneDrive 内に、新しいブックを保存する新しいフォルダーを作成します ([フォルダーを作成])。
  3. ファイルを新しいフォルダーにアップロードします ([ファイルをアップロード])。
  4. アップロードされたファイルのメタデータを取得します ([アイテムの情報を取得])。
  5. アップロードされたファイルへのリンクを含むメールを送信することで ([メールを送信])、[ファイルをアップロード] および [アイテムの情報を取得] アクティビティの結果を確認できるようにします。



  • 前提条件
  • 手順
  • 動作のしくみ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.