アクティビティ
最新
ワークフローに関するアクティビティ
Last updated 2024年5月30日

ファイルを移動

UiPath.Core.Activities.MoveFile

説明

指定した場所から別の場所にファイルを移動します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

クロスプラットフォームでの設定

  • 入力リソース - 移動するファイル リソースです。 ローカル パスまたは IResource 型の変数の使用を切り替えることができます。ローカル パスを使用する場合は、プロジェクトを実行する際に Windows マシンと Linux マシンのファイル構造の違いが考慮されるように、相対フォルダー パスを使用することをお勧めします。例: newFolder/otherFolder
  • 移動先 - ファイルの移動先のパスです。
  • 上書き - 選択すると、コピー先フォルダーにあるファイルをコピー元のファイルで上書きします。

Windows - レガシ、Windows での設定

プロパティ パネル
共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でもオートメーションを続行するかどうかを指定します。このフィールドは Boolean 値 (True、False) のみをサポートします。既定値は False です。結果として、フィールドが空白であり、例外がスローされた場合、プロジェクトの実行は停止されます。値が True に設定されている場合、エラーが発生したとしても、プロジェクトの実行は続行されます。
    注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。

  • 入力リソース - 移動するファイル リソースです。
  • パス - 移動するファイルのパスです (string)。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

オプション

  • 上書き - 選択すると、コピー先フォルダーにあるファイルをコピー元のファイルで上書きします。

  • Destination - ファイルまたはディレクトリを移動する宛先パスです。
  • 移動先リソース - ファイルの移動先のリソースです。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.