アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
ワークフローに関するアクティビティ
Last updated 2024年7月19日

入力ダイアログ

UiPath.Core.Activities.InputDialog

ユーザーにラベルメッセージと入力フィールドを提示するダイアログ ボックスを表示します。

プロジェクトの対応 OS

Windows | Windows - レガシ

構成

  • ダイアログのタイトル - ダイアログで表示されるタイトルです。StudioX では、プラス記号のアイコン を使用して、利用可能なオプションを 1 つ選択できます。

    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、プロジェクトの実行時に、Excel ファイルのセルや、Outlook で選択されているメールのフィールドを選択できます。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にタイトルの入力を求めます。
    • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
    • テキスト - テキスト ビルダーでタイトルを入力します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 入力ラベル - 入力フィールドのラベルです。StudioX では、プラス記号のアイコン を使用して、利用可能なオプションを 1 つ選択できます。

    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、プロジェクトの実行時に、Excel ファイルのセルや、Outlook で選択されているメールのフィールドを選択できます。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にラベルの入力を求めます。
    • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
    • テキスト - テキスト ビルダーにラベルを入力します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 入力の種類 - ユーザーがテキストを入力する必要がある場合は [テキスト ボックス] を選択し、ユーザーがリストからオプションを選択する必要がある場合は [複数選択] を選択します。

    • 入力オプション - ユーザーに対する選択肢です。このフィールドは、[複数選択] を選択した場合にのみ利用可能です。StudioX では、プラス記号のアイコン を使用して、利用可能なオプションを 1 つ選択できます。

      • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、プロジェクトの実行時に、Excel ファイルのセルや、Outlook で選択されているメールのフィールドを選択できます。
      • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にオプションのリストの入力を求めます。
      • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
      • テキスト - テキスト ビルダーでオプションのリストを入力します。
      • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
    • 入力した値 - ユーザーが入力した値です。StudioX では、プラス記号のアイコン docs image を使用して、利用可能なオプションを 1 つ選択できます。
    • プロジェクト ノートブックまたは親の Excel ファイルのセルに保存します。
    • クリップボードにコピー - 出力をクリップボードに保存し、後でプロジェクト内の別のアクティビティにペーストします。
    • 後で使用するために保存 - オートメーションの後工程で使用できるようにユーザー入力を保存し、プロジェクトでそれを参照するための名前を入力します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した既存の値に、ユーザー入力を保存します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。

[プロパティ] パネル内

オプション
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • IsPassword - 入力値をパスワードとして扱う必要があるかどうかを指定します。
  • ラベル - 入力フィールドのラベルです。
  • Options - 選択すべきオプションの配列です。1 つの要素のみを含むように設定した場合は、テキストを書き込むためのテキストボックスが表示されます。2 つまたは 3 つの要素を含むように設定した場合は、要素がラジオ ボタンとして表示され、選択することができます。3 つより多くの項目を含むように設定した場合は、項目がコンボ ボックスとして表示され、選択することができます。このフィールドでは String Array 変数のみサポートされています。
  • オプション文字列 - ユーザーに対する選択肢のオプションです。このフィールドでは String 型の変数のみがサポートされています。
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • 結果 - ユーザーが入力した値です。
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
  • [プロパティ] パネル内

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.