アクティビティ
最新
[分析] アクティビティ 目次
ロゴ
ワークフローに関するアクティビティ
最終更新日 2023年12月5日

[分析] アクティビティ

概要

[分析] アクティビティは、ワークフロー アナライザーのポリシーを使用して、コードを一連のルールに照らして確認します。

このアクティビティを使用して、パイプラインで管理しようとしているプロジェクトが正しいことを確認します。ポリシー内のワークフロー アナライザーのルールに照らしてコードが検証された後、概要がログに記録されます。エラーが発生した場合は、例外がスローされます。

注: Studio で開発したプロジェクトに StudioX 用のポリシーが設定されている場合や、その逆の場合は、エラーが表示されます。

構成

  • リポジトリ パス - プロジェクトが存在するリポジトリのパスです。
  • プロジェクト パス - リポジトリ内のプロジェクトのパスです。
  • ポリシー - ワークフロー アナライザーのルールを含む Automation Ops の Studio ガバナンス ポリシーです。指定しない場合、既定のワークフロー アナライザー ルールが適用されます。
    • プロセスの引数 AnalyzePolicy (UiPath.Pipelines.Activities パッケージの名前空間にあります) または実際のポリシー ID (文字列) を使用できます。プロセスの引数 AnalyzePolicy を使用する場合は、パイプラインを Automation Ops に設定する際にガバナンス ポリシーを選択できます。テスト時には、実際のポリシー ID (文字列) を使用し、その後、プロセスの引数 AnalyzePolicy に切り替えることができます。
    • ポリシー URL の形式は、https://cloud.uipath.com/organization/tenant/governance_/policies/Development/PolicyId となります。

詳細設定

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - (任意) 設定した場合、現在のアクティビティが失敗しても残りのアクティビティの実行を継続します。
出力
  • AnalysisResult - 分析の結果です。System.Data.DataTable 型です。列は、Level、ErrorCode、RuleName、FilePath、Recommendation、DocumentationLink です。列は String 型です。たとえ分析が失敗して例外がスローされる場合や、[ContinueOnError] がオンになっている場合でも、常に結果が返されます。
  • 概要
  • 構成
  • 詳細設定
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.