アクティビティ
最新
シートのリストを表示 目次
ロゴ
連携アクティビティ (クラシック)
最終更新日 2023年12月5日

シートのリストを表示

UiPath.Smartsheet.Activities.Sheets.ListSheets

Smartsheet の List Sheets API を使用してシートのリストを取得します。

動作のしくみ

以下の手順は、設計時 (つまり、アクティビティの依存関係と入/出力プロパティ) から実行時に至るまでの、アクティビティの動作のしくみの例を示したものです。

  1. セットアップ」の手順を完了します。
  2. プロジェクトに [ Smartsheet アプリケーション スコープ] アクティビティを追加します。
  3. [ Smartsheet アプリケーション スコープ] アクティビティ内に [ シートをリスト 表示] アクティビティを追加します。
  4. [入力] セクションのプロパティの値を作成し、入力します。
  5. [出力 ] セクションのプロパティの値を作成し、入力します。
  6. [出力] セクションのプロパティのために ResponseStatus 型変数を作成し、入力します。

アクティビティの本体

  • 変更後 -

    変更された開始日。 DateTime または DateTime 型変数を入力します。日付と時刻の値を指定して指定した場合、応答には、指定された日付および時刻より後で変更されるオブジェクトのみが含まれます。

  • 組織シートを取得 -

    true の場合、組織アカウントのメンバーが所有するすべてのシートの要約リストを返します。 Boolean または Boolean 型変数を入力します。組織アカウントのメンバーが所有するすべてのシートの要約リストを取得します。 ADMIN_USERS を true に設定する必要があります。

  • 含む -

    含まれるオプション: OWNER_INFO、SHEET_VERSION、SOURCE。

  • すべて含む -

    true の場合は、すべてのレコードが含まれます。 Boolean または Boolean 型変数を入力します。

  • ページ -

    返すページです。 Int32 または Int32 型変数を入力します。指定しない場合の既定値は 1 です。

  • ページ サイズ -

    ページごとに返される項目の最大数です。 Int32 または Int32 型変数を入力します。指定しない場合の既定値は 100 です。

  • シート -

    返されるシートです。 Sheet[] 型変数を入力します。

プロパティ

共通

  • 表示名 - アクティビティの表示名です。 このフィールドでは Strings 型または String 型変数のみがサポートされます。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • 応答ステータス - 要求のステータスです (成功/失敗に関する情報)。ResponseStatus 型変数を入力します。
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.